コシナ・フォクトレンダーの絞り環はマウントによって回転方向が違う?

マクロアポランターのファンになってしまい、いつの間にやらコシナ・フォクトレンダー大好きな子になっていた私です。

最近、ふとしたことから改めて気づいたのですけど、同じフォクトレンダー・ノクトンクラシックのレンズでも、Eマウント版とVMマウント版では絞り環の回転方向が逆なのですね。



上の写真、左がEマウント、右がVMマウントのレンズです。

撮影者の側から見て、Eマウント版の絞り環はSONY純正レンズにならったのか時計まわりになっています。そしてVMマウントの方はライカなどと同じ反時計まわりですね。

これが良いのか悪いのか?

私はキヤノン EF - RFマウントアダプターのコントロールリングを絞り環として使用していますが、デフォルトで時計まわりのところ、カスタマイズにより反時計まっわりに変更しています。現状、絞り環のあるレンズを頻繁に使うとしたらコシナVMマウントやライカMマウントレンズになりますので、そちらの回転方向に合わせました。

絞り環だけでなく、ズームリング、フォーカスリング、バヨネットマウントなどなど、メーカーや製品により逆回転になっている場合があるので、様々な製品を使う方にとっては身体が憶えてくれるまでは大変ですよね。

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1

うわっ!ネットオークション・フリマアプリで中古レンズ買ったら届いたもの