Canon RF16mm F2.8 STM は 超広角・単焦点レンズなのに撒き餌レンズ?

新発売の「Canon RF16mm F2.8 STM」という超広角レンズを買いました。なんと単焦点レンズです!! いわゆる撒き餌レンズ「RF50mm F1.8 STM」ともほぼ同等のコンパクトサイズ、だけど超広角なのです。

Canon RF16mm F2.8 STM 撒き餌レンズと

まあなんというか最初はその歪曲補正のきつさに面食らったところもあったのですが、それ以上にコンパクトであるというメリットが絶大です。わたくし大三元ズームレンズの一本「RF15-35mm F2.8 L IS USM」も所有しております。それでも買って良かったと思えるのは、とにかくこのサイズ感です。小型軽量に勝るものはありません。

Canon RF16mm F2.8 STM のサイズ感

以下は発売前のキヤノン貸出機による先行レビュー動画、件の歪曲補正などについて知ることができます。ぜひご一覧を。

【先行レビュー】Canon RF16mm F2.8 STM キヤノンが放つ小型軽量の超広角・単焦点レンズは実際どうなのか?EOS R5 にて試写

さて、この手の先行レビューはわりとがっつり使い倒してしまうということもあり、自分で実際に購入したときには既に気持ちがひと段落ついているという場合があります。ところが、このレンズの場合、それは杞憂のようでした。購入後の初陣もまた楽しかった!以下はそのなかの一枚。巣で獲物を待ち構えるジョロウグモの姿を接写

Canon RF16mm F2.8 STM で撮影したジョロウグモ

最短撮影距離 0.13m
最大撮影倍率 0.26倍
ということでまずまずのサイズ感で撮影できるとは思います。もちろん上の画像はシネスコにトリミングしてあるのでなおさら寄ったようには見えますけどね。接写でもうひとつ、以下はこの製品のレンズキャップを撮影したものです。

Canon レンズキャップ

絞りは開放だったかな?
なかなかシャープに写っていると思います。こちらもシネスコにトリミングしております。16mmということで広々と写せて、こういう横長ワイドなサイズがとても合うと思いました。シネマティックフォトも引き続き流行っていますから、こういうレンズが安価に購入できるというのは嬉しいことですね。

コメント

このブログの人気の投稿

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

【これは永久保存版!】ライカ各レンズ製品のフィルター径や対応レンズフード製品を調べるには? 現行レンズからオールドレンズまで ライカMマウントとL39スクリューマウント

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生