スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2019の投稿を表示しています

オールドレンズ・ライフ 2019-2020 (玄光社MOOK) に掲載されました!本人もカバンも

本日発売のオールドレンズライフ最新刊にて、わたくしジェットダイスケ当人と最近話題になってる「#例のカメラバッグ」ことPHOTOWALKというわたくし監修のカバンがそれぞれ掲載されております。献本さきほど受領いたしました。いったいどんな記事になっているのかな?気になるよね?なるよね?

オールドレンズ・ライフ 2019-2020 (玄光社MOOK) OLD LENS LIFE

※ クリックするとAmazon購入ページが開きます。

今回は Kindle版 も同時発売とのことで買ってみました。著者印税としては良いのか悪いのかわかりませんが、A4サイズのカバンを持っていなくても、スマホでいつでもどこでも読めるというのはなかなか便利なんですよね。とくにこのブログ書き終わったら居酒屋に行こうと思っている身としてはね!(笑) 

それにしても、これまでは一読者でしかなかった雑誌やムックのシリーズに自分も掲載されるっていうのは、いくつになってもどんな立場になってもやっぱり嬉しくて仕方がないものですね。澤村徹さんどうもありがとうございます。そしてお疲れ様でした!

発売前なのにAmazon売れ筋ランキングで一位を獲得した「例のカメラバッグ」こと aosta ジェットダイスケモデル PHOTOWALK(フォトウォーク)

さる9月24日 わたくしジェットダイスケは、ケンコー・トキナーとのコラボによるカメラバッグを発表いたしました。これまで「#ケントキ#例のカメラバッグ」というハッシュタグにてプロモーションして来ましたが、正式名称は「aosta ジェットダイスケモデル PHOTOWALK(フォトウォーク)」となります。こだわり抜いただけあって実に良いバッグに仕上がっております。本日も表参道〜原宿あたりをぶらっとスナップして参りました!まさにフォトウォーク向きの良いカバン!(自画自賛)


購入予約は9月25日よりスタートしており、大変好調でございます! その好調ぶりについてなのですが

なんと!
Amazonでベストセラーのマークをいただきました!
ケンコー Kenko aosta カメラボディバッグ ジェットダイスケモデル PHOTOWALK 10.0L ブラック


カメラケース・バッグ のカテゴリーにて以下の三冠を獲得しております。

Amazon.co.jpの売れ筋ランキングで1位
カメラケース・バッグ の 売れ筋ランキング


新着アイテムおよび予約商品のベストセラーで1位
カメラケース・バッグ の 新着ランキング


最も多くほしい物リストに追加された商品で1位
カメラケース・バッグ の ほしい物ランキング


というのが昨日までのこと。
現在は低価格帯製品に有利なキャンペーンが展開されているので「売れ筋ランキング」では3位になったものの、それでも新着ランキング
・ほしい物ランキングの両方でまだ1位をキープしています。これは自画自賛しても良いレベルでは(笑) 上記リンクなどから実際にそのランキングをご覧いただければこの凄さを実感いただけるかと。だってランキング1位から100位までのあいだに、同価格帯(かそれ以上)の製品というのはなかなか他に出てきません! ある意味で数百円〜数千円の安いものリストという見方もできそうな中に、税込14,850円という商品が燦然と上位に喰い込んでいるのですよ!

ところで面白いネタがあるんです
私のツイッターをフォローされてた方はご存知かもしれないですが、かのアマゾン公式ツイッターでも「#例のカメラバッグ」のハッシュタグつきでツイートされてます(笑)
【予約受付中!】動画クリエイター・ジェットダイスケ氏と、カメラアクセサリーメーカー「ケンコー・トキナー」のカメラバッグブランド、a…

【駄文】カメラかおやつか?それが問題だ

みなさんは撮影さんぽに出かけるとき、どんなおやつを持っていくでしょうか? おやつを食べた手でカメラを触りますか? どんなおやつを食べるかによってはおしぼり持参されますでしょうか? それともカメラ用ウェットティシューで拭いちゃいますか?

《写真:さいきんお気に入りのおやつ カルビー miino(ミーノ)》

こないだコンビニで上の写真のスナック菓子を購入したところ、店員さんがおしぼりをつけてくれたのです『こちら手を拭くのにお使いください』って。そりゃあおしぼりだから手を拭くに決まってるのだけど、スナック菓子買ってそう言われたの初めてだったので驚きましたね。

カメラを使うというのは様々な汚れとの戦いの連続です。でも、撮影さんぽにおやつは欠かせません。特にカルビーmiino(ミーノ)というのは便利なチャックつき袋ですので、ちょっとずつ食べるのに向いており、おさんぽスナックにうってつけ。ただし食べれば手にカスが付きますよね。そのカスをちゃんと拭わずにレンズ交換などしようものなら何が起きるかわかったものではありません。

おやつを食べるなら、カメラに触れない。カメラを使うならスナック菓子は割り箸で食べる。そのくらい厳格なルールを昔は自分に課していたように思います。でも最近はなんでもイージーになってしまい、撮影とおやつが両輪になってしまった感じもします。みなさんは撮影さんぽでおやつ、どうしてますか?

追伸:僕がほんとうに食べたかったのは、上の写真のミーノ(茶豆しお味)ではなくて、そら豆しお味のほうだったんです。でも、さっき立ち寄ったコンビニでは扱っていませんでした。どちらも美味しいけどね。

カルビー miiino(ミーノ)

SONY α7R IV のクロップ撮影は ライカQ2 と合わせて楽しめそうだ

お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれません。以前よりワタクシとケンコー・トキナーさんで開発しておりましたカメラバッグ、いよいよ今月末に発表できそうです。ナイスですね。そして、本日9月6日というのは高画素フルサイズミラーレス一眼 SONY ILCE-7RM4 α7R IV という私のたかがメインカメラの愛機の発売日なんですよね。昼近くにソニーストアから到着いたしました。

SONY α7R IV 開発中の例のバッグにもすっぽり入りました!
ただ今発売日を調整中なのでもうちょっとだけお待ちを pic.twitter.com/dKCxriMZnh— ジェットダイスケ (@jetdaisuke) September 6, 2019

こちらが最新型のα7Rでございます。


すでにYouTubeでファーストインプレッション動画も公開しました
【発売初日レビュー】SONY α7R IV 買い換えて良かった!期待値を超えたフルサイズミラーレス!高画素は?手ブレ補正は?クロップ撮影は?4K動画は?6100万画素のファーストインプレッション


動画中でとても褒めてるシャッター音については、これまでの高音や擦過音など不快成分が取り除かれた感じとも言えましょうか。とにかく好きなシャッター音です。

その他、グリップが握りやすくなった、画素数が増えた、EVF(ファインダー)の解像度も上がった、などなど改良点は山ほどあるのですが、やっぱり発売日にライカQ2に飛びついた私としては、APS-Cクロップによる画角を変えての撮影が魅力的です。

フルサイズ「60MP」ともなるとクロップでAPS-Cにしても「26MP」になります。2600万画素です。2400万画素のデジカメもまだまだ多いなか、1.5倍クロップでもその画素数を保っているとはなかなかです。なかなか想像しにくいと思いますので、以下にそのサイズ感を記した画像を貼っておきますね。


単焦点レンズ一本で出かけても、レンズ二本ぶんの働きをするかもしれません。あるいは野鳥撮影など望遠側をもうすこし稼ぎたいときなども有効に使える気がします。個人的にはライカのオールドレンズのように超小型の単焦点を装備し、2つの画角を楽しむという撮り方にも挑戦してみたいですね。ライカQ2ではズミルックス28mmという広角レンズからのクロップなので、このα7R IVでは50mm単焦…

うわっ!ネットオークション・フリマアプリで中古レンズ買ったら届いたもの

中古カメラ店でいくら探しても見当たらないのに、ネットオークション・フリマアプリだと多々出品されてるなんてことはあります。

そして、そういった場での中古カメラ・レンズ取引では、これまで何度か痛い目に逢っています。

それでも背に腹は変えられない、あるとないとじゃ大違い、とにかく入札してみるしか…ということはありますよね。「極上品」と見出しに書いてあったものを購入、そして届いた商品が…

うわっ! 説明では「薄クモリ」としか書いてなかったのに、これは強烈なクモリ玉です! 


一見しただけでは見つけにくいクモリの症状でした。が、いちど見つけてしまうと気になって仕方ないほど大規模なクモリ!あえなく返品となりました。

さあて心機一転
別の出品者から同型品を購入することに。ところがこちらも「美品」との触れ込みだったにも関わらず、実際に届いたのは…

わかります?


盛大にバルサム切れ


見た瞬間に苦笑
前出のクモリならば、発見するにはそれなりの見方が必要なので、見過ごしてしまう出品者もいるかもしれません。しかし今度のは流石に、見やすい大きな前玉の部分、嫌でも目に入ってくるサイズと位置なので、気づかなかったでは済まされないでしょう! さっそく返品の要請をしましたトホホ

これはレンズ沼の入り口!ライカのレンズ中古プライスガイド 高いか?安いか?最新レンズ現行品・オールドレンズ

ライカデビューした友人に贈るブログ記事の第二弾です。このたび思い切って(勢い余って?)ライカM10を購入した友人を、深い深いレンズ沼の縁まで誘い込む呼び水となることを願いながら書きます。余談ですが前回の記事は「こちら

ライカのレンズが高価だということはカメラに興味を持ってる方のあいだでは常識かもしれません。しかし、おいくら万円なのか具体的にご存知の方というのは、実際にライカを使っているユーザーでないとあまりよく知らないかもしれません。


また前回につづきマップカメラで「中古プライスガイド」という素晴らしい情報が掲載されております。各マウントごとに分類されておりまして、Lマウントというのは現在のパナソニック・シグマが参画するLマウントではなく、L39スクリューマウント(ねじ込み式マウント)のことです。

Mマウント交換レンズ 中古プライスガイドLマウント交換レンズ 中古プライスガイドビゾフレックス用レンズ 中古プライスガイド
素晴らしい情報ですね。
これもまた前回にひきつづきマップカメラならではの情報量といえましょう。マップカメラが設定している中古品のグレード 新同品・美品・良品・並品 それぞれの価格目安が書かれた表となっております。惜しむらくはこの表、HTMLのテーブルで組んだ表ではなく一枚の画像になっているので、ウェブブラウザ内でのテキスト検索や、掲載内容のテキストコピーができない点。そしてもうひとつ、発売年代順に並んでいるわけでもなさそうなのでくれぐれもお間違いなきよう。あと、ページ最下部には以下のように書かれておりました。

価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
そうです。
中古価格は変動します。
昔の文献などを読み漁っているとこのマップカメラの価格表より段違いに安い!いま価格高騰しているようですね。というより日本経済が停滞しているということでしょう。ほかの国々はちゃんと経済成長していますからね。近隣諸国のライカユーザーさんたちが日本にあるお宝を掘りに来ているという噂もあり、それも値上がりの要因となっているかもしれません。ライカの場合には単に実用品・趣味のアイテムというだけでなく、数量限定品については投機目的での購入もあるようで、購入時の数倍の値がついたという話もユーザーの方から聞いたことはあります。

そういえば先日、別の友…

【これは永久保存版!】ライカ各レンズ製品のフィルター径や対応レンズフード製品を調べるには? 現行レンズからオールドレンズまで ライカMマウントとL39スクリューマウント

さきほど友人がM型ライカのボディを購入し、念願のライカデビューを果たしました。ひとまずは手持ちのニッコールH 5cm/2を使うそうですが、これから現行品・オールドレンズ、純正品・サードパーティー互換 問わず深い深い沼に落ちていくことでしょう、お手手のシワとシワをあわせて合焦 いや合掌か(笑) ここはひとつ友人として、沼に落ちゆく者への手向けを贈りたいと思います。

ライカのレンズはご存知のとおりどれも高価です。
中古品なら少しは安いものの、それでも国産品に比較してそこそこ高いなと感じる価格。オールドレンズともなれば、傷みの具合・状態によっては非常に安く感じるものもありますが、おっとそこはライカマジック。数十万円の価格帯に見慣れてしまうと数万円がとても安く感じるという罠です。そしてオールドレンズのなかでも伝説的なヴィンテージレンズ名玉の場合には100万円を超えることもざらです。


《写真:初代ズミルックス50mm 中古価格20万円強で購入》

古すぎない程度に古い製品なら、傷ついた前玉の交換などは可能なようですが、もはや硝材が入手不能なものは修理できないことも。となると保護フィルターやレンズフードを活用して、できる限り大切に、傷つけずに使いたいですよね。

しかしレンズ前玉の保護フィルターを装着すると、描写に影響するとして避ける方もおります。

特に逆光時の描写が特徴的なレンズでは、なるべく保護フィルターのない状態で撮影したいですよね。私もできるだけ装着しない方向ではありますが、前玉が大きなものやレンズフードを装着しない場合には、保護フィルターを装着して使用しているレンズもあります。特に28mm〜35mmの広角レンズなどは街を散歩しながらのスナップが楽しいですから、レンズキャップもせずに肩からカメラを提げて歩くことが多いのです。後ろから不意に自転車がやってくることもあります。歩道の植え込みや並木から草木が飛び出ていることもあります。

またオールドレンズですと、硝材やコーティングが非常に傷つきやすいもの、あるいは既に劣化して剥げかねないコーティング、はたまたコーティングなしといったものも。せっかく数十年にわたる歴史を受け継ぐのですから、保護フィルターやレンズフードをうまく利用してできるだけ傷めずに使用したいものですよね。

そしてフィルターというのは何も保護フィルターだけではありま…

パナソニックLマウントレンズロードマップ 2019〜2020 フルサイズミラーレス用レンズ

さて今日から9月ですが、徹夜して月をまたいでしまいました。別に宿題が終わらなかったわけではありません。だって今日まだ日曜だもん。いや、そういうことじゃなく宿題も特にないんだけどもさ。ところでパナソニック LUMIX S1H の発表会に行ってきたことは先のブログ記事「パナソニック LUMIX S1H 発表!なぜ6Kシネマ撮影できるカメラが必要とされるのか? 」にて述べた通りでございます。

で、レンズロードマップですよ!


昨年夏からのフルサイズミラーレス製品ラッシュを追いかけるように今まさに各社のレンズがどんどん出てきているわけですが、勢いとしてはキヤノンがすごいのかな?ソニーはまあ先行してたぶんがある。パナソニックの場合、ライカ、シグマと結束したLマウントアライアンスというのがありますから、手放しでも対応レンズが増えていく運命にありますよね。

それでも頑張って自社でもレンズ作る理由って何なの? 

このたびの LUMIX S1H 発表会では「Dual I.S.」できるレンズも登場しました。
レンズ側とボディ側の両方で手ブレ補正をするものですな。そういうのをきちんと連動させるにはやっぱり自社の技術同士で連携させるのが良いのでしょう。本年中にはナナニッパ、そしてF4の広角ズーム。来年には85mmポートレイトレンズや100mmマクロも登場予定で、いよいよ運用本格化できそうな期待が高まりますね。


ただ、マイクロフォーサーズにおけるオリンパス製品との違いのように、マウントこそ同じながらもうすこし足並みそろえてやれないのかな状態になっていくような懸念もすこし。2社だけでも違いがあったのに、3社だとどうなっていくのだろう。パナソニックの発表会のなかでは、シグマやライカのシネレンズ既存製品がたくさんあってそれも使えるという点に触れていました。このままがっちり連携してやって行っていただけますとユーザとしても嬉しい状況になるかと思います。あのトップガン2を撮影したシネレンズ(シグマ)も使えると考えたらなんだかワクワクしてきますね

パナソニック LUMIX S1H 発表!なぜ6Kシネマ撮影できるカメラが必要とされるのか?

パナソニックからLマウントのフルサイズミラーレスカメラ最新型 LUMIX S1H が発表されました。私その発表会に行って参りました。


行ってきたということは当然ながら動画も公開しているので、お時間ある方はご覧くださいませ。わかりやすくダイジェストとして編集しております。


さてそのダイジェストから、さらに一点かい摘んでポイントをお話ししたいと思います。なんと6K映像が撮影できます。発表会では「動画」というよりも「シネマ」というのを強調していた印象です。シネマカメラなのです。シネマカメラがスチルカメラの形状をしている必要性についてはいささか疑問がありますけども、パナソニックの強みを押し出す差別化戦略なのでしょう。

LUMIX S1 シリーズとしては3機種目となりますが、ここで早くもボディの形状が大きく変わりました。全体のフォルムは踏襲しつつ、動画ならではの操作性と機能のための変更となっております。目立つところでは録画ボタンの位置やサイズなど。


先行モデルの LUMIX S1、S1R という2機種については電源スイッチここでいいの?という場所でしたが、LUMIX S1H ではニコン/ソニータイプに変わりました。いや、スチルカメラなら歓迎できるけども、シネマカメラだったらむしろLUMIX S1、S1Rのタイプのほうがしっくり来るんじゃないかなあ。


防塵防滴の放熱ファンユニットを搭載とのこと、それにより動画の無制限記録を獲得できたわけですが、そいのぶんボディの厚みは増しています。ただしデメリットというわけでもなく、上面右肩の液晶画面が大型化され、露出設定など十分すぎるほどの情報量となっておりました。


ほんで、こういう機種が発表されるとかならず「6Kなんて要るの?」と言うひとが出てくるわけですが、そういうこと口走る輩はそもそも不要なひとであって、6Kが必要なひとにとっては必要に決まっています。

ちょっと想像してみてくださいよ
写真撮影してトリミングすることあるでしょ?それと同じことなんです。6K解像度で撮影できるから6K解像度で完パケして6K解像度で視聴させるなんてことは今現在あまりないでしょう。でも4Kでの完パケを前提にしているなら、トリミングというかクロップやズーミングを編集時にすることはあると思うんですね。あるいは特撮作品のような合成時の背景としては、すこし余白があるく…

【雑感】本当にデジタル一眼レフカメラは終わりを迎えるのだろうか?

長らくカメラ界の王座に君臨していた一眼レフがそろそろ終焉を迎えるのではないかという話が出ております。デジカメinfoさんのニコンの一眼レフは5シリーズが廃止される? - デジカメinfo という記事にて、ニコンはハイエンド2機種(D850とD5のライン)を残して、デジタル一眼レフ製品を終了するのではないかと予想が書かれておりました。

ニコンはちょうど一年前、Nikon Z というフルサイズミラーレス機を発表しています。今後そちらに軸足をシフトしていくということでしょうか?個人的な使用感としては、マウントアダプターを介してのFマウントレンズの動作もスムーズで、デジタル一眼レフのユーザーが乗り換える障壁はとても低いと感じました。

Nikon Z 製品発表会(2018年)での一コマ、ニコン製品の歴史を追うスライドにて Nikon F

また件の記事について、studio9 さんはツイッターにて次のようにコメントしておりました。

完全に妄想だけどキヤノンもあとは1DX Mk3で終わりな感じがあるしこれから出る一眼レフは貴重品かと思う。数が出るならKissはもう一発出るかもしれないけど » ニコンの一眼レフは5シリーズが廃止される? - デジカメinfo https://t.co/CWXhTLJTQY— studio9/写真のことが全部わかる本 発売中! (@photostudio9) August 29, 2019

来年オリンピックを迎えるにあたり、当然EOS-1D系統の最新機種が投入されることと思います。それは間違いないでしょう。EOS 5D という人気シリーズも来年は置き換わりそうなタイミングではありますが、これはどうなるでしょうか? EOS 5D Mark IVと同等センサーを搭載するミラーレス機 EOS R へと早々に乗り換えた私の感想としては、後継機種がミラーレスになってもさほど問題はないのではないかと、むしろ恩恵のほうが大きいかとすら思っております。

なおキヤノンについてはフルサイズミラーレスのボディこそ2機種にとどめているものの、ミラーレス用RFマウントレンズの投入スピードはここに来てグングンと加速しているように思えます。EOS R 誕生からわずか一年でごく最低限の仕事用レンズは登場してしまったように見えます(→ キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ用|交換…

コダックのグッズ買ったぜ!niko and ... × KODAKのコラボトートバッグ等販売中

なんとニコアンドからコダックのコラボグッズが発売中です。以下ニュースリリース
niko and ... × KODAKのコラボトートバッグを本日8/23(金)より発売!

で、京都寺町のお店でさっそく買って来ました


右がそのKODAKロゴのトートバッグ、他にも柄がいくつかありますよ。

あと左の黒いのはTシャツ

そして黄色いカメラが載ってますが、これはケンコートキナーさんから借りてるもの。近いうちにレビューしたいと思います!

KODAK インスタントカメラプリンター C210 イエロー 1000万画素 Bluetooth接続 C210YE 【国内正規品】

中古カメラ・レンズを買ったら八仙堂のカブセ式レンズキャップが良いんじゃないかな?ある男のレンズキャップ考、あるいはノギスとテプラが必要か

わたくし最近すっかりオールドレンズ沼にハマっている
というのもメインで使用していたミラーレスカメラ2台をドナドナし、秋に発売される新型の資金にしたのだ。

それで何故オールドレンズ沼にハマるのかって?
秋に本命ミラーレスが発売されるまで、その間のメインカメラがライカM10-Pになったのだ。いくらなんでもフルサイズミラーレスからいきなりレンジファインダー機に、しかもM型ライカになってしまうと、そりゃあ勝手や使えるレンズ・ツール類がまったく違う。そんなことは分かっていたものの、これまでは無意識のうちにちゃんと使い分けていたのだろう。いざM型ライカをメインにしたら足りないもの&できないorやりにくいことだらけ!だからレンズのバリエーションが増えたというか、いろいろ生えたというわけ。

さて中古カメラ・中古レンズを買うと、レンズキャップが付属していないことがある。あるいは社外品と呼ばれるサードパーティー互換品が付属しているか、珍しい場合にはエルマーにCanon型押しキャップが付属してきたり、ズイコーにLUMIXロゴ入りキャップが付いてたり。

まあ、無いなら無いなりに用意するかそのまま使うかなのだが、中途半端に何かが付属していた場合はどうするか?予算の許す限りはメーカー純正品に買い換えたほうが、私は気持ちよく扱えるほうだ。ただ、物が現行品ではなくオールドレンズなのだから、場合によっちゃあ戦前だの戦後だの言ってる時代の遺物なわけだから、メーカー純正品に買い換えようたってそうそう見つからないものだ当時のレンズキャップなんて。なんなら純正品とはどういうものだったかすらあやふや。偽物すら本物に見えてしまう世界。

ま、オールドレンズといっても私の場合はライカMマウントだから、マウント部分にはめるリアキャップなら話は早い。現行品を買ってしまえばそれで済む。年代や製品によってリアキャップもロゴありなし、素材が違うなど、そんなモヤモヤを抱えて使用するのは私の性格上困難。ぜんぶ現行品に置き換えてしまえばそれでいいのだ。


いや?
ちょっと待って
ぜんぶ現行品に置き換えるのはどうだろう?
せっかく当時の姿をなるべく残しているものがあるなら、それはそのまま歴史を受け継ぎたいものである。
それが正しいオールドレンズ道ではなかろうか。

ただしレンズ交換しながら撮影していれば早晩取り違えが必ず起きる。
そこ…