投稿

iPhoneまさかのLightning端子廃止の予想でカメラメーカー各社に生じたアプリ開発上のちょっとした課題

イメージ
これは大変なことになりそう。次期iPhone、ライトニングケーブルを廃止か と報道されているのだ!どうせ USB Type−C に代わるだけなんだろ?と思いきやワイヤレス充電になるとの予想!‬

‪ええー?‬
‪Qiワイヤレス充電て便利だけどそんなに速くはないんだぜ?充電に時間かかっちゃうぜ?‬

‪などと言っている場合ではない、楽器関係ではLightningを介してのUSB−MIDIデバイスなんてのも数多くある。これらは全滅か?いやいや音楽関係ならまだ Bluetooth MIDI という遅延の少ない仕組みで代替できる可能性はある。‬

‪カメラは?‬
‪カメラはどうなるのだ?‬
‪落ち着け!カメラだって既に Bluetooth や Wi-Fi を使ってワイヤレス接続できているじゃないか?‬

‪と思うだろうが事態はかなり‬深刻かもしれない。ワイヤレスではRAWデータを転送できない製品・アプリが多々存在しているのだから。

うちにあるカメラ製品では富士フイルム X−E3 および ソニー α7R IV がそれに該当する。後者などは60メガピクセルだからJPEGでさえもワイヤレス転送に時間がかかる。ことし下半期に発売されたカメラですらそんなだよ。

幸いなことにキヤノン EOS R はワイヤレスでもRAWデータが飛ばせるようになった。ライカは以前からDNG採用で、iOSとも相性は悪くない(ただしアプリは繋がりにくいとの評判)。

筆者の場合、撮影がひと段落ついたそばから iPhone にSDカードリーダーを接続してデータを抜き取る。さらにはすぐさま Adobe Lightroom CC に読み込んでしまう。それによりクラウドへのバックアップが済んでしまう。もちろん選別や現像作業もiPhoneなら楽々と可能だ。

さらにさらに最近 SDカードリーダーから直接 Adobe Lightroom CC へとデジカメ画像の読み込みが可能になったのだ!が、肝心のカードリーダーを接続できなくては宝の持ち腐れである。一体どうなるのやら?

次世代通信規格 5G はすこぶる速いとのこと。Lightning 端子でパソコンにデータをバックアップするなんてのは完全に過去のことになるやもしれない。iCloud へのお布施も増えて Apple としては一石二鳥かもしれない。いやきっとそうだ、物理的に有線接続…

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

イメージ
価格が高いカメラやレンズはもちろん良い、良いに決まっている。ブランド力のあるメーカーの製品を使うのは大変気持ちがいいのも否定しない。ただし新興メーカーの安価な製品がそれらに劣るかというと、一概には言い切れない。かつての日本の工業だってそうだったじゃないか。



先般 FUJIFILM X−E3 という小型軽量のミラーレスカメラを導入した。そのサイズと重量バランスにマッチする標準レンズを探してみると、この製品に行き着いた。富士フイルムXマウント以外にもソニーEマウントやキヤノンEF-M、マイクロフォーサーズ用などがあるようだ。

七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズ


七工匠 7Artisans は近ごろ何かとよく目にする名前。
以前はライカコピーのような印象を持っていたが、今では評判もそれなりなので買ってみることにした。なにしろAPS−Cのカメラで開放絞りF1.2というのは嬉しいし、それが中古価格1.6万円だし、そのうえXマウントに関してはマップカメラ買取価格が1.1万円となっていたし、ダメ元で買ってみても損失が少ない!

そうして昨夜届いたものを今朝試し撮りしてみたのだが、なんだこれは!


APS−Cセンサーだからウットリする玉ボケなどは諦めていたのだが、逆に絞り開放でほどよい大きさの玉ボケになる感じで本当に「ほどよい」という感想。現行ズミルックス50mmを思い起こすクッキリとした紅いハロ。しかも解像感ほぼ無しのフワフワ描写。一気にフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生したではないか。困った。じつに困った。ほかの高価なカメラをなぎ倒して、X-E3がメインカメラになってしまいそうな勢いだ。こうなると他の焦点距離のレンズにまで興味が出てきてしまう。さてどうしよう…

ひねもす居間にいてもフォトジェニックな光はやってくる

イメージ
SNSなんか眺めているとよく、写欲が湧く/湧かないとつぶやいているカメラオジサンがいるのだけど、機材を変えてみるとか場所を変えてみるとか、脳に刺激を与えると良いと思う。

かくいう私などはひねもす家にいて、居間にどっしり根を張っていても、写欲はまずまずある。リビングルームフォトグラファーと言ってもいい。居間でただ仕事して過ごすだけでも刻一刻と太陽が動いて、面白い光がどんどんやってくる。

このときは床に反射した真昼の太陽光が、まるでスポットライトのように天井の電灯を照らすという、なんだか逆転現象のようなことが起きていた。


季節によっても光は変わる。とくに冬は太陽が低くて良い。


なにも室内ばかりにこだわる必要はない。
常に太陽の動きを感じていることで「お、そろそろかな?」と湖畔の風景を見に出かけることもしばしば。


光がよければ自撮りも楽しいんだよね。風は吹いてなくてもどうにかなる(笑)
風、感じる? pic.twitter.com/PNU1MHorKo— ジェットダイスケ (@jetdaisuke) November 29, 2019

ネガフィルムをスマホカメラで確認 NEGAVIEW PRO ネガポジ反転アプリ

イメージ
皆さんフィルムカメラはお持ちでしょうか? 持っているだけで使ってない方もいらっしゃるかもしれませんね。私もある意味でそうかもしれません(笑)なんせフィルムカメラはデジカメになれた身体にはその各プロセスでめんどくさいという気持ちがつきまとうのですから。

さあて、HOLIDAY STUDIO という会社さんからちょっと面白いフィルム写真家むけのアプリがリリースされております。これでいくらかでも「めんどくさい」が解消されるといいですね。
リアルタイムでネガフィルムを鑑賞できるアプリ 『NEGAVIEW PRO』リリース

『NEGAVIEW PRO』は、撮影が⾏われたカラーネガフィルムやモノクロネガフィルムを写すことで、反転された⾊鮮やかな像をプリント写真のように楽しむことができます。「スキャンを⾏う前に出来栄え確認したい」「⾃分の好きな⾊味で鑑賞したい」といった要望にこたえることができるアプリです。
とのことです。
ためしにちょっと遊んでみたYouTube動画を撮ってみました。
ネガポジ反転アプリ NEGAVIEW PRO ネガフィルムをスマホカメラで確認できるぞ!


スリーブからフィルムを出した方が綺麗に見えるとは思うんだけど、あくまで試しだし今回はライトボックスも使わず簡易的にiPadに置くというわけでご容赦ください。どのみちウチではそういう運用しかしないだろうし。

原理的には簡単で、スマホカメラの映像をネガポジ反転しているビュアーですね。たとえばパソコンのキーボードに向けるとこんな感じになる。


ただ、反転するだけのアプリかと思いきや、露出補正やコントラスト調整なんて機能があるし、R/G/B各色のフィルターも用意されている。モノクロにだって対応しているのよ。

ただダウンロード時にお金のかかる有料アプリなのが残念ですね。もちろん開発者さまにはどんどん稼いでいただきたいのですが、最近アプリというのは広告収益タイプも多く、ダウンロード時に370円かかるというのは心理的障壁がとても高くなっていますよね。インストール後に広告非表示にしたり、プロ向け機能制限を解除するのに370円ということならもっと良かったかもしれません。

僕が EOS R を愛してやまないのはこの時間帯のオートホワイトバランスが絶好調だから

イメージ
富士フイルムは社名のとおり写真フィルムの会社だ。
だからデジカメでもフィルムシミュレーションなんてものを搭載している。これが実に良い色を出してくる。撮影シーンにうまくハマればライカの画像エンジンとて太刀打ちできないのではなかろうか。

と、そこまでは皆さん異論はなかろう。

しかし最近のキヤノンもなかなかなのである。
こと Canon EOS R のオートホワイトバランスのまさにバランスのとれた色彩感覚ときたら、おやおや富士フイルムのデジカメで撮影したのでは?と思わされることも。

とくに明け方や、夕刻の空の再現度がすばらしい。これは富士フイルムXシリーズに勝るとも劣らず。


つい最近までインスタ映えなどと言ってパソコンでいじり倒したギラギラのギトギトのケバケバの風景写真ばかりが流行っていたけれど、ああいうのはショッキングなシーンを繰り返すホラー映画にも似て、どうにも目が疲れてしまって食傷気味。これからは、こういう淡く浅い光景をそのまま撮れるカメラ・センサー・画像エンジンというものこそ評価されると思っている。



撮影に使用したレンズはアサヒペンタックスのスーパータクマー85mm F1.9という、どちらかといえばふんわり写るオールドレンズ。EOS R ボディとの相性は抜群だ。現時点ではキヤノン純正RFマウントレンズがどうにも手の届かない価格帯にしてこだま西瓜のようなサイズ感であるため、しばらくはこういった安価かつコンパクトなMFオールドレンズで EOS R の撮影を楽しんでみようかと思っている。


Canon ミラーレス一眼 EOS R

カメラは褒めて育てる「かっこよくなりましたね」と

イメージ
かっこいいですね!
僕のオールドレンズを指してAさんが言う。Aさんだって同じの持ってるじゃないですかと僕は返す。いやいやそうじゃない、レンズキャップがボコボコなのがカッコイイのだと。なるほどそっちか。たしかに綺麗なものよりは打痕や凹みだらけの方がヒストリーを感じる。


あるとき誰だったか、友人が買ったばかりのカメラを傷つけてしまったことがあった。そのときも居合わせていたAさんが

かっこよくなりましたね!

と言った。
傷つけてしまった残念さも吹き飛ぶほどのポジティブな言葉だ。かさねて僕も「ようやく自分のカメラになったね」と言った。



おろし立てのまっさらなものは綺麗だけど、クラシックカメラやオールドレンズでそういったものに出会うことは稀だ。大抵は、先人たちがつけた傷や汚れを引き継ぎ、自分もまた傷つけ、汚し、ときには壊し、修理しながら歴史を重ねてゆく。

だから皆さんも新品のカメラをぶつけてしまったら、嗚呼これで自分のものになった、さらにかっこよくなった、そう思っておくと良いかもしれない。ここから歴史が始まるのだと。あるいはもし友人がカメラを落として傷つけたら「かっこよくなりましたね」と褒めてあげると良い。そのポジティブさがあればハッピーなカメラライフを送れるだろう。

今日、購入からまだ2ヶ月しか経っていない GoPro の液晶画面に傷が入っているのを発見し、そのようなことを考えた(泣)すぐさまアマゾンで保護ガラスを注文したことは言うまでもない。


GoPro HERO 8 BLACK専用強化ガラスフィルム スクリーン+レンズ+LED保護フィルムセット 耐衝撃 気泡ゼロ キズ防止 飛散防止 6枚入り2セット

SMCタクマー50mm F1.4 の逆光耐性だってヒドいもんじゃないか!もちろん良い意味で

イメージ
意図していないものが写真に写るのはあまり好ましくないことだけど、逆光のとき美しいハロが出るのだけは別。どれだけ対策されたレンズでも出るものは出る。だったら変に誤魔化してしまうより、綺麗に出てくれるレンズの方がありがたい場合がある。建築写真や夜景やVR撮影をされている方はとても困るだろうけども、スナップしてる限りでは美しくハロが出現してくれた方が印象的に撮れることが多いと思う。

スーパータクマー 55mm F1.8 はその点で定評あるレンズだそうで、本当に買って良かったと思う。中古価格が数千円と非常に安いのも魅力。
美しすぎる安レンズ Super Takumar 55mm F1.8 ほんの数千円で買えるスーパータクマー


さてタクマーにはそれと近い焦点距離で50mm F1.4というのもあるのだけど、こちらも興味がわいて購入してみた。55mmよりも少し高めの一万円強だった。

Pentax M42 SMC Takumar 50mm F1.4





スーパータクマーの50mm F1.4も存在しているらしいが、たまたま見つけたのがSMCタクマーという名前のものだったのでそれを購入。SMCとはスーパーマルチコーテッドの略らしい。マルチコーティングされているなら逆光耐性も良くなって、55mmのような魅惑のハロは見られないのでは?事実ネット上に散見される意見では、55mmのハロの方が良いとの評判が多いように感じられた。

ところがいざ夕陽に向けて撮影してみれば、それは杞憂だっだ。SMCタクマー 50mm F1.4 でも素敵なレンズフレアがパーッと展開するじゃないの!(もちろんフードは付けてないよ)


まあ比べてみれば違うのかもしれないけどさ(笑)

明るいレンズだから大きいというわけでもなく、55mmと同じくフィルター径は49mm、ほどよく黄変したガラスと少しクセのある周辺画質・ボケ味で、ファインダーを覗けばノスタルジアが広がっている。これはまた良い買物をしてしまった!