投稿

ミラーレスがZOOM用のウェブカムになる時代だからこそ気をつけたいAFレンズのフォーカシング駆動

イメージ
友達も仕事もすくないワタクシでさえ「ZOOM」という名前くらいは知っている(使ったことはない)、そんな世の中です。
このところの外出自粛によりビデオ会議オンライン飲み会などが流行った結果、SIGMA fp のウェブカムとしての実力が認知され、売れ筋ランキング上位に入るという興味深い現象が起きているようです。
キヤノンのほうでもEOSをウェブカムとして動作するよういち早く対応、ここに来て富士フイルムもXおよびGFXを対応させるという流れに。

さすがに中判センサーのウェブカムというのは新しい生活様式のなかでもとりわけリッチな感じがしますね。しかし両社ともまずはWindowsから対応というのは、ユーザを見てるんだか見てないんだか。
ところでワタクシ、CP+のようなカメラ展示会でよく登壇させていただくのですが、おもに話す内容としては一眼レフやミラーレス一眼でのビデオ撮影について、なかでもYouTube動画などネット動画コンテンツにおけるそういったカメラの利用についてです。
そういった講演でかならず話すのが、スチル撮影に求められる機材との違いについてです。写真撮影のように、時間の流れの中から一枚だけ静止画を得る方法とは根本的に違うのです。
講演事例:ご参考まで カメラと写真の祭典CP+2019 「EOS R が欲しくなーる動画の世界」
具体的にスチルとビデオとでどう変わってくるかといえば尺の存在です。過去・現在・未来という一定方向で流れる時間のことです。ビデオ撮影においてはシャッター速度(露光時間)が1/250秒だろうが1/30秒だろうが尺には影響しません。30秒間記録したなら30秒間の尺のビデオが存在するということです。尺があるということは、録画開始から停止まで、撮影中の全イベントが内容に影響します。良くも悪くもです。もちろんカメラ機材に由来するものも含みます。
たとえばカメラがフィルムを送る音、テープを回すジッター音などを拾ってしまうナドがそうです。まあ今現在の民生利用ではそういう機材に悩まされることは少ないですよね。
でも、AFモーターの駆動音を拾ってしまうということはあります。お話しするためのレンズはぜひとも駆動音が小さいものをお選びください。例えば富士フイルムでは「Xマウントレンズに搭載しているモーターと特徴を教えてください」というページを用意しています。わかりやすいです。
また、…

TAMRON 突然の新製品ティザー動画?たぶんタムロン伝統の 28−300mm 高倍率ズームレンズだと思うけど

イメージ
TAMRON タムロンといえば近年はSONY Eマウント用のレンズで話題作をバンバン乱発しておりまして、かくいうワタクシめもつい先日発売の70−180mmズームの購入により大三元のタムロン置き換えが完了してしまいました。
そこで出費もひと段落と落ちついていたら、またなんだか財布がうすくなりそうな話題を振りまいております。 タムロン 新製品ティザームービー公開

さて、どんなものが出てくるのでしょうか? 尚、追加情報については随時こちらのページにて更新していきます。とのことです。 せっかくなのでちょっと予想してみましょうか。 まずヒントになりそうなのが67mmというフィルター径です。このEマウントのシリーズを通してすべて67mmのフィルター径に統一されていますから、そこから推測するとさほど長さはないはず。以下のツイートからも、それは読み取れます(右端がそうですね) New Lens Coming Soonhttps://t.co/uig5hhysvk#タムロン#マイタムロンレンズ#Eマウント#tamronNewFElens— 株式会社タムロン【公式】 (@TamronJP) May 28, 2020標準ズームレンズと同じくらいの全長しかありません。にも関わらず、その鏡筒にLOCKスイッチのようなものが見られます。 先日発売された望遠ズーム70−180mmほどの長さもないのですが、LOCKスイッチを備えているレンズとなると、タムロンユーザーの皆さんはやはり28−300mmのような高倍率ズームを思い浮かべるのではないでしょうか?ひょっとしたら 24−105mm F4 という可能性もありそうですね。写真から受けるサイズの印象としてはそれが最もしっくり来るかもしれません。

ティザー動画でのキャッチコピーとしては『ミラーレスに、新たな選択肢。』そして『その一本は、どんな景色も繊細に描く』となっております。これらから推測を重ねてみましょう。
Eマウントとは言い切っておらず単に「ミラーレス」としていることから、いよいよ待望のキヤノンRFマウントレンズあるいはニコンZマウントではないかとも勘ぐってしまいます。それならそれで嬉しいかも。でも写真のマウント部分はどう見てもSONY Eマウントですね。であれば、既存のズーム領域や所謂「大三元」という枠にあてはまらないという意味での「新たな選択肢」というコピー…

ソニー望遠ズームレンズ FE 70-200mm F2.8 GM OSS (SEL70200GM) + 2X テレコンバーター SEL20TC 絞りと解像感はいかに?

イメージ
今夜はスーパームーンの日ということで、色んな皆さんがお月さんを撮ってらっしゃると思います。私もさきほどベランダから撮った月をみじかいYouTube動画にて公開しました。【1分動画】
スーパームーン撮ってみた
視聴はこつら→ https://t.co/CjhTR9CRPs
今回は SONY の二倍テレコンの画質をちょっとだけ見てみましょう。

・FE 70-200mm F2.8 GM OSS 望遠ズームレンズ
・2X テレコンバーターSEL20TC
・α7R IV(6100万画素) pic.twitter.com/FIYceFBFfb— ジェットダイスケ (@jetdaisuke) April 7, 2020 今回の使用機材は以下のものとなっております。これ以上ないという画質を誇るソニーG MASTERレンズに加え、現時点でフルサイズ最高画素となるα7R IVミラーレスカメラ。そして2倍テレコンとしてこれまた評判の高いSEL20TC FE 70-200mm F2.8 GM OSS Eマウント SEL70200GM
SONY 2X テレコンバーター SEL20TC
ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM4 ボディ ILCE-7RM4
撮影した焦点距離はいずれも望遠端なので、二倍テレコンと合わせて400mmもの望遠になっております。ベランダにてジッツォのマウンテニア3型三脚というしっかりした脚に据えて撮影いたしました。シャッター速度もブレない程度には速くしております(1/30〜1/200秒)。またシャッター設定は電子シャッターにしてサイレント撮影、5秒セルフタイマーも使い徹底的にブレにくくしております。当初、F8.0あたりで落ち着いた描写が得られるかと思いきや、数回撮り直してもまったくそんなことなかったので、以下に作例をお見せいたします。 絞り F5.6 での撮影、眠いというか甘いというか!切れ味がなさすぎて使いものになりません。
絞り F8.0 での撮影。そのあたりが最も解像する製品が多そうですが、テレコンのせいかもうひとつパッとしない写り。
絞り F11 となりました。ここで見違えるほど解像しはじめています。これだ!
絞り F16 もなかなかのもの。YouTube動画で採用したのはこの画像でした。
絞りF8とF11の切り取りで比較。縁の部分のシャープさが歴然としていますね
検…

キヤノン事業所を休業に? EOS R5 はいつ発売されるのでしょうか

イメージ
コロナ禍とはいえもしも経済的に持ちこたえることができたら買いたいアイテムナンバーワン、ミラーレスカメラ Canon EOS R5発売はまだかまだかと首を長くしてキリンが来るほどですが、ここに来てなんとキヤノンが休業とのニュース。キヤノン 本社と4事業所を休業に 7日~17日 感染防止目的休業の期間は7日から今月17日までの予定きょうにでも緊急事態宣言が発令される以上、上記の期間だけで済むかどうかは分からないのですけど、最低でも10日間休業(実質営業日だと8日間かな)となると色々影響あるかもしれませんね。あるいは工場地域も止まってしまっているかもしれないので、じつは影響が少ないという可能性もありますかね?いずれにせよテレワークはするそうです。とにかく我々消費者としては手洗い・うがいにつとめて経済的にも倒れてしまわないようにして、EOS R5発売を待つしかありませんね。

買うしかない本「デジタルでフィルムを再現したい」嵐田大志 (著)

イメージ
著者ご本人のツイートを拝見しまして即アマゾンにて予約いたしました! こんなの絶対買うに決まってるじゃないですか #デジタルでフィルムを再現したい
というタグを作った時、それが本になるとは想像もしなかった。4月16日に玄光社より同タイトルの本を発売します。https://t.co/EaQLU8IyPTpic.twitter.com/izP1fDb1A7— Taishi Arashida (@Taishi_Arashida) April 3, 2020 2020年4月16日に発売だそうです。 楽しみすぎますね! 
 デジタルでフィルムを再現したい 嵐田大志 (著)

EOS R6 なんて本当に発売されるの?

イメージ
キヤノンから EOS R5 開発発表があったばかりだというのに、その発売前に廉価版の EOS R6 が発売されるという噂も飛び交っています。

さて先ほどアマゾンを眺めていたらこんなのを発見しました。
Canon ミラーレス一眼 EOS RP 標準ズームレンズキット RF24-105mm F4-7.1 IS STM ブラック EOSRP-24105ISSTMLK


EOS RP と新しく登場した安価なズームレンズとのセットです。従来の35mmレンズとのセットではなんだか違うような気がしていましたが、これなら納得です。そうそう、入門用はこういうイメージですよね。アマゾンによれば『この商品の発売予定日は2020年4月30日です』とのこと。

発売予定日は2020年4月30日ですとのこと!

あれ?
さらなる入門機 EOS R6 など出る余地はないのでは?なんなら新型ウイルスの影響でいろんな物の生産が止まっているわけですからね。ちなみにボディだけなら12万円代からあって EOS RP というのはなんとも型破りな機種ですね。はやくEOS Kissに名前変えたらいいのに

シフトレンズ不要の時代になってきた?

イメージ
キヤノンTS−EレンズだとかPCニッコールだとかのシフトレンズで撮影したいなあと思うことが(たとえスナップでも)ありますよね。身長が2メートルくらい足りなくて、正対して撮れなかった場合など。


ところが
iPhoneにこの画像を取り込みまして「傾き補正」を自動でお任せすると以下のようになります。キッチリしてる!ミスった傾きまでちゃんと直ってる


デジタル一発補正でここまで出来ちゃう。もちろんRAW現像ソフトでもこの機能はありますけど、スマホで一瞬でこうなっちゃう。また、オリンパスなんかはカメラ内RAW現像でデジタルシフトできるようになってる。

わたくしキヤノンTS−Eレンズを5本とも持っていて大変好きなのですが、画素数が有り余ってるのも相まって、もはやシフトについてはデジタル処理の方が楽かもしれませんね。現場で絶対に要確認ではありますけどね。

TS−Eレンズはどちらかというとティルトレンズとして使っているのですぐ不要というわけではないんですけど、建築などの静物ではパースペクティブコントロールはデジタル処理が主流になっていくのかもしれないですね。ていうか既にそうなのかもしれないし、それでもあえて光学にこだわる方も少なくないかもしれない世界ですね。しばらく追いかけたい話題ではあります。