投稿

M型ライカの高画素機「ライカM10-R」を買いにくい理由ならある

イメージ
※ 「買わない理由」を挙げるような内容はあまり面白くないのですが、ここでは現行ライカM10シリーズへの不満点や改善希望点をメモするていでやってみましょう。ライカM10-Rという最新M型ライカのデジカメがもうすぐ発表されるようです。ソースは海外ウワサ情報(笑) まあ軒下さんがリーク画像つきで出すくらいなのでほぼ事実でしょう。近日中に発表されるライカM10-Rの製品版画像。#噂pic.twitter.com/o6loyQ8VyP— 軒下デジカメ情報局 (@nokishita_c) June 26, 2020なんと4000万画素もの画素数となるようですが、ビゾフレックスは発表されるのかな? 現行製品の名前としての ビゾフレックスは外付けの電子ビューファインダー=EVFを指します。M10シリーズには「Typ020」というものが適合します。以下の写真のもの。まるで第一次大戦中の戦車みたいな風貌。
ご覧の通り装着するとたちどころにもっさくなるアイテム。ただしこれ、どうにも被写界深度が浅くてかなわん大口径レンズを使うとか、あるいは接写リングを使用するとか、はたまたスーパータクマーだのヤシカコンタックスだのといった距離計連動しないレンズを使う際にすこぶるお役立ちなのです。
ただし噂されている新機種ライカM10-Rというのは4000万画素の高画素機。ピント合わせが難しいレンジファインダーでその高画素です。ビゾフレックスあった方が良いに決まっているのですが、肝心の現行品である「Typ020」というのが今どき240万ドットしかないのです。しかも価格が7万円 現在2400万画素のライカM10-Pにて使用していますが「無いよりマシ」ではあるものの、他社のミラーレスはおろか同じライカのミラーレスと比較してもその解像度は見劣りします。しすぎています。EVFをどうにかしないことにはM型ライカでは高画素はちょっと怖いかな。そして電力消費などの面でおそらく、単純に高画素にすれば良いというものではないでしょうから、きっと当代ライカM10シリーズでの改善は見込めないんじゃないかなあ。その他にもUSB充電ができない、4K動画撮影ができないなどなど、M型ライカ以外のデジカメで考えたら今どきちょっと許容しにくい仕様というのがありますので、私はここはスルーしておきたいなと思っております。もとより購入費用のあてが…

SONY α7S III の噂されるスペック予想で無視できないポイントはファインダー(EVF)の解像度

イメージ
ついに海外の噂サイトのネタに釣られてこんな長文を深夜に書く人間になってしまいました(笑)突然ですが、どうやら私の2014年のベストバイは、SONYの高感度性能がバツグンに良いミラーレス「α7S」だったようです。以下はそれについて作例を挙げながら語る動画へのリンクです。2014年デジカメ・ベストバイはこれでした。その理由と今後の課題点そこまで α7S を気に入ってたわりには、それに続く α7S II という後継機は買いませんでした。以降、α7Sシリーズの新型はなく、私は α7R という高画素タイプのシリーズのみ代々購入して利用しております。ところがここに来て、SONYがいよいよ本気出すということで、深夜ですがブログを書かずにいられませんでした。イメージセンサーは1200万画素、そしてEVF(ファインダー)の解像度は944万ドット QXGA だというのです。
参考記事:ソニー α7S III は新型の高速読み出し1200万画素センサーが搭載されている(SAR)何そのセンサー画素数に対して高解像度すぎなファインダー! 当代最高と言っていいんでは。かなり狙ってやっていますよね? だってだって、フラッグシップ級の α9 II のほうはファインダーの解像度を高くはしなかったですもん。あのときは皆さん一様に「そうか α7R IV みたいな高画素機じゃないからそれで足りるのか」という認識でしたから。ところが α7S III と目される次機種ではどういうわけか低画素センサーに対して高解像度のファインダーをあててくる!!予想では1200万画素イメージセンサーということで現行製品 α7S II とおなじく 4240×2832ピクセルの画像を記録できると仮定して、それに対するファインダーのQXGAというのは 2048×1536ピクセルもある!それでもイメージセンサーの画素数に比して1/4くらいしかないので「だからなに?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが... ファインダー画面のほうがサイズはずっと小さいわけですよ! 対角線長にして1/3ちょっとですかね。人間の目が認識できる画素密度などを考えると、これはもはやイメージセンサーのピクセルを余すことなく具に見せてくれるのではないでしょうか?知らんけど!!!同じSONY製品でも高画素カメラとして名高い α7R IV ではどうというと...…

歪曲収差について ━ TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071) タムロン高倍率ズームレンズ

イメージ
※ソニーEマウント用の高倍率ズームレンズ「TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)」をタムロンからお借りしての試用レポートです。高倍率ズームをご存知なら、歪曲収差がとても気になることでしょう。このA071という製品においても当然歪みはあります。28mm広角端ではさほど気にならなかったのですが、50mmほどの標準域では糸巻き型の歪みがとても気になりました。以下は補正あり/なしを交互に表示するGIFアニメです。
GIFアニメを見られない場合は以下のビフォーアフター画像をご覧ください。左の画像(補正なし)の方は水面の盛り上がり方が凄まじいですよね。

上の比較画像、補正にあたっては、Adobe Camera RAW にてDistortionのパラメータをマイナス10に振っています。完全に勘でやっています(今回タムロンさんから補正値までは聴き出せませんでした)。いずれレンズプロファイルがAdobe Camera RAWに対応すれば、チェックボックスひとつで適切に歪曲補正されることでしょう。以下のリンク先にて、レビュー動画(YouTube)もあります。よろしければご覧ください。 【1本のレンズで2本ぶん活躍】TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071) フルサイズ対応タムロンEマウントミラーレス用 高倍率ズームレンズ

SIGMA 短編映画「しんしん」がYouTubeで公開されています

イメージ
SIGMAといえばトップガン続編でもレンズが使用されたということですっかり映画のイメージも定着しております。そんなSIGMAの短編映画「しんしん」が公開されておりました。本編|SIGMA 短編映画「しんしん」
前作「blur」に続いてカメラが登場する短編映画となっております。SIGMA fp で撮影されたとのことですが、21:9のシネマスコープというだけでも「映画っていいなあ」と感じますね。カメラの実力もよくわかりました。実話に基づいているからなのか、どっしりと地に足ついた感じでなかなか良いショートフィルムだと思いました。

八仙堂さんは7月初旬には復活するそうです

イメージ
中古オールドレンズを買うと、レンズキャップが付いていないことがありますよね。そんなとき私がいつもお世話になっているのが八仙堂のかぶせ式レンズキャップ中古カメラ・レンズを買ったら八仙堂のカブセ式レンズキャップ
最近もまたいろいろとオールドレンズを買ってしまったものだから、八仙堂さん頼みでAmazonを見てみたら、一切商品が載ってない!? ヤフー!ショッピングでは「一時休店中」とのこと、さらに楽天市場では「店舗の改装中」ともされています。とにかく私は八仙堂さんのレンズキャップが無いと困りますから、先月末に問い合わせのメールを送りました。いただいたお返事としては、7月初旬にはオンライン販売を再開する予定だとのことでした。取材として問い合わせたわけではないので、現在お休みされている理由などはここでは書きませんけども、とにかくもうすぐレンズキャップ買えると思います。

富士フイルムのデジカメ機能「フィルムシミュレーション」はフィルムではないのだ(知ってた?w)

イメージ
またFlickrでも再開しようかと開いてみたら、過去に撮ったモノクロ写真が目に止まった。これ EOS 7S というキヤノンのフィルムカメラで撮影したもの(をスキャンしたもの)。
使用したフィルムは富士フイルムのACROS(再発のほうじゃないやつ)。これ見る限り、Xなんかのデジカメに搭載されたフィルムシミュレーションのACROSとはぜんぜん黒の黒さが違う。黒以外の階調もぜんぜん違う。どのへんがACROSなのかわからないほど違う。残念ながらデジタルでも同時撮影したわけではないので、どう違うというのをここではお見せできないのだけど、以前からACROSに関しては「なんか違うな」という違和感しかなかった。それが今後払拭されるかどうかは分からないけど、最近ではパナソニックS1シリーズのモノクロが理想に近いことを発見。

僕たちはカメラを買わなくなったわけではなく、むしろ毎年買い替えている!ただしスマホとして

イメージ
オリンパスのカメラ事業売却であらためて「スマホに押されてカメラの売れ行きが低迷」という論調が復活している。衰退する日本においてカメラ分野は唯一といって良いほど、世界市場で寡占状態にあるハイテク機器だ。それすらも上手くいかないとなると、この国はもはやお終いではないか。だから皆んなカメラ買おうぜ!ミラーレスも交換レンズもコンデジも沢山買って、カメラメーカーを支えようぜ! なんて言うつもりは微塵もない。
だいたいカメラなんて近年はむしろ買い過ぎではないかと思うくらいの頻度で買い替えている。そんな感覚の人も多いのではないだろうか?毎年のペースで買い替えているし、なんなら2台目だって買うこともある。家族全員買っている、買いまくっている。ただし買うのはカメラメーカーのカメラではなく、スマホとしてである。 撮って・シェアして・交流する、そこまでが一連の行動。いまやカメラとはそういう役割を求められている。そもそも写メールなる文化もケータイアプリの販売も日本の得意分野だったような気がするのだが、いつのまに置いてきぼりを喰らったのだろう。
恐竜は絶滅していない。鳥類として今も生きている。恐竜に関する研究が進み、そんな言説がよく見られるようになった。いまや恐竜といえば爬虫類的な巨大怪獣のイメージよりも、羽毛をまとった鳥類寄りの生物を想像することが多い。カメラも同じではないだろうか。カメラは絶滅しない、スマホとして生き残るだろう。そう言っても違和感はない。そして、おそらくそうなる。 関連動画:FOCOS 神アプリすぎる! iPhone X 等で被写界深度エフェクト(ポートレートモード)写真のボケ味を編集しまくれる高機能