Sony α7S III 高感度ISO撮影での作例写真 宮崎光学 バリオプラズマ MS-Optics Vario Prasma 50mm F1.5

ソニーの最新ミラーレス α7S III と個性的なレンズでの撮影写真。使用レンズは宮崎光学 MS-Optics バリオプラズマ Vario Prasma 50mm F1.5、オールドレンズ風の独特のボケ味を持つレンズです。名前の通りそのボケ味は可変式。

ISO 80 低感度
ISO 80

ISO 80
ISO 80

ISO 80
ISO 80

ISO 200
ISO 200

ISO 250
ISO 250

ISO 640
日没後も使える滲み玉なんてある?
ISO 640

ISO 1250
ISO 1250

ISO 2500
薄暮の時間だったのだけど、まるで昼間みたいに(笑)
ISO 2500

ISO 16000
ISO 16000

ISO 16000
環境光のみ(前方からのビルの明かり)でしっかり撮れる!
ISO 16000

商品貸出:ソニーマーケティング株式会社 でSony α7S III の発売前レビュー動画を配信しました。このブログ記事で掲載した写真はその際の作例です。まだ動画をご覧になっていない方はあわせてご覧いただければ幸いです。以下は全ての先行レビュー動画をまとめたものです。
【ソニー α7S III 発売前夜】やはり凄いカメラだった!先行レビュー全部入りまとめ動画 これ一本観ればよくわかる【未公開4K動画フッテージも大公開】

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

SIGMA fp というシネマカメラの実力やいかに? Cinema DNG という連番RAW画像での4K記録が素晴らしいぞ