単三レフのススメ ━ アルカリ単三電池 / ニッケル・水素充電池で動作するデジタル一眼レフ(実質薦めてないけどw)

この木金土と東京に出張しておりました。
そのようなビジネスショートトリップでもカメラ好きの皆さんは「カメラ何持って行こうかな」というワクワク気分があるかと思います。ただしショートトリップは期間が短いほど荷物をコンパクトにしたい傾向がありますよね。最近のワタクシは便利さに負けてUSB充電対応カメラばかり連れ出していました。だってカメラの充電器は意外にかさばるのよ。

そんなおり、PENTAX K-m という旧機種を激安で購入いたしました。これ、USB充電はできないものの、なんと単三電池で動くデジタル一眼レフなのです。

昔はそういった単三電池で動く一眼レフ(以下、単三レフ)も多かったですよね。コスト的にはエネループのようなニッケル・水素充電池を使うのがベターだとは思います。でも、旅先で電池残量がなくなったときは、アルカリ電池をコンビニで購入するなんてのも便利な運用ですよね。そう思ってこの度の旅では単三レフで出張に臨みました。
PENTAX K200D

あるいはバッテリーグリップ使用時なら単三電池に対応しているという機種もありますよね。まあ正直そうなると充電器と荷物の量としては変わらないのでしょうけど、わりと近年のデジタル一眼レフでも単三電池で動くものがありますよね。
バッテリーグリップ

さて、このたびの三泊四日のビジネストリップ、正直なところ忙しすぎて写真を撮影している暇などほぼありませんでした(笑)多少は撮影しておりますけども、電池を消耗するほどの量には至らず。そもそもOVFのカメラというのはミラーレスに比して格段に電池もちは良いですもんね。単三レフでなくとも実質的には充電器不要かもしれませんね。ただ、単三電池でどうにかしのげる単三レフのほうが精神衛生上は良さそうです。以下、今回の撮影写真、ホテル自室かよwwwというわけで本当に撮影機会がなかったのねん

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

SIGMA fp というシネマカメラの実力やいかに? Cinema DNG という連番RAW画像での4K記録が素晴らしいぞ