【雑感】本当にデジタル一眼レフカメラは終わりを迎えるのだろうか?

長らくカメラ界の王座に君臨していた一眼レフがそろそろ終焉を迎えるのではないかという話が出ております。デジカメinfoさんのニコンの一眼レフは5シリーズが廃止される? - デジカメinfo という記事にて、ニコンはハイエンド2機種(D850とD5のライン)を残して、デジタル一眼レフ製品を終了するのではないかと予想が書かれておりました。

ニコンはちょうど一年前、Nikon Z というフルサイズミラーレス機を発表しています。今後そちらに軸足をシフトしていくということでしょうか?個人的な使用感としては、マウントアダプターを介してのFマウントレンズの動作もスムーズで、デジタル一眼レフのユーザーが乗り換える障壁はとても低いと感じました。
Nikon F
Nikon Z 製品発表会(2018年)での一コマ、ニコン製品の歴史を追うスライドにて Nikon F

また件の記事について、studio9 さんはツイッターにて次のようにコメントしておりました。



来年オリンピックを迎えるにあたり、当然EOS-1D系統の最新機種が投入されることと思います。それは間違いないでしょう。EOS 5D という人気シリーズも来年は置き換わりそうなタイミングではありますが、これはどうなるでしょうか? EOS 5D Mark IVと同等センサーを搭載するミラーレス機 EOS R へと早々に乗り換えた私の感想としては、後継機種がミラーレスになってもさほど問題はないのではないかと、むしろ恩恵のほうが大きいかとすら思っております。

なおキヤノンについてはフルサイズミラーレスのボディこそ2機種にとどめているものの、ミラーレス用RFマウントレンズの投入スピードはここに来てグングンと加速しているように思えます。EOS R 誕生からわずか一年でごく最低限の仕事用レンズは登場してしまったように見えます(→ キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ用|交換レンズ 交換レンズ一覧)。またもちろん、こちらもマウントアダプターを介してのEFレンズ過去資産の使用にあまり問題がないです。チルトシフトレンズの使用についてはむしろミラーレスの方が都合が良いという面も。

私、キヤノンの一眼レフは今でも数台所有しているものの、そのどれもがデジタルカメラではなくフィルム一眼レフです。EOS 5D Mark IV という名機でさえも、ミラーレスの前では霞んで見える部分が多々あり昨年ドナドナしております。
キヤノン デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark IV

一眼レフはこのまま終わってしまうのでしょうか?
ところがここに来てキヤノンに意外な動きがありました。EOS 90D というデジタル一眼レフ新機種の発表です。APS-Cながら惜しみなく技術を投下した感があり、ひょっとしてデジタル一眼レフもまだまだ進化できるのではと期待してしまいますね。

ちなみに一眼レフ以前に王座に君臨していたレンジファインダーカメラは、いまでもライカM型などでひっそりと生きながらえておりますし、なんなら今メインカメラとして使用している私がおります(笑) またレンジファインダースタイルにデジタル表示も組み込んだハイブリッドファインダーのFUJIFILM X-Pro2というのもありますし、その後継機X-Pro3が来年には登場するのではないかという噂もあります。

そう考えると、一眼レフ自体はたとえ市場のメインでなくなったとしても、終わることなく続いていきそうな気がしますね。フィルム一眼レフではつい最近まで十数年にわたりCanon EOS-1Vが現行機種でしたし、Nikon F6の製品紹介ページのほうでは『最新にして究極のオートフォーカス一眼レフカメラ』とも書かれております。

想像は尽きませんが、私がいま一番たのしみなのは、いよいよ来週発売となるソニーのフルサイズミラーレス最新機種 α7R IV です(笑)

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

SIGMA fp というシネマカメラの実力やいかに? Cinema DNG という連番RAW画像での4K記録が素晴らしいぞ