ホテルでRAW現像するためSDカードリーダーを持ってきたのですが……なんとカメラが

妻と一泊で山の宿坊へ。
山をひととおり散策したのち、宿で持ってきたカメラを一通り並べてみたところ……「あっ」と思いましたね。空いた時間で撮影データをスマホに取り込んでRAW現像でもしようかと考えていたのですが、SDカードリーダーに対応しているのは一機種のみでした(笑)「詰んだ」と思いましたね
カメラいろいろ

まず今回のメインカメラであるソニー サイバーショット HX99は一見するとSDカード対応していそうな風貌。いくらソニーのデジカメといっても今さすがにメモリースティックなんてことはないはずですが……じつはこれMicroSDカードなんですね(笑)
SONY Cyber-shot DSC-HX99

小型デジカメから中級フルサイズ機種まで SDカードが記録メディアのデファクトスタンダードになって久しいですが、より一層の小型化をはかったHX99のような機種についてはMicroSDカードを採用しているのですね。ほかにもGoProのようなアクションカムの類でも気をつけたいところであります。

次にCanon PowerShot ZOOMです。これもじつはMicroSDカード採用(笑)ただまあこの機種についてはRAW記録がそもそも不可能ですからワイヤレス転送でJPEGだけ飛ばせれば問題なし
撮れる望遠鏡 キヤノン PowerShot ZOOM

コダックのフィルムカメラ M35は文字通りのフィルムカメラですからSDカードリーダーとはある意味で対極にあるような存在
KODAK M35 フィルムカメラ

最後にパナソニックLUMIX G100です。今回のなかではこれのみがSDカード対応でした。が、この機種についてはSDカードリーダーなどなくとも、ワイヤレス転送でRAWデータをスマホに送ることができます……よって今回はSDカードの活躍なし(笑)
Panasonic LUMIX G100

大抵の場合はMicroSDカードをSDカードに変換するアダプターもカバンに常備していますし、また携行するカメラに挿したメモリーカードのどれかがそういったMicroSDカードアダプター利用だったりもします。しかし今回は運悪くどちらでもなかったのですねえ……

こうして見ると「詰んだ」と思うほどでもないような気がします。でもそう思ってしまったのは、この日はソニーHX99だけを使って撮影していたから。雨の影響もあってカバンからカメラを取っ替え引っ替え出して撮るというようなこともなく、山道もあいまって一番コンパクトで万能なものだけを使っていたのです。

翌日は晴天、宿を後にしてからは他のカメラも使いながら帰りました。当然、家に帰るのでSDカードリーダーはほぼ関係なかったですね(笑)出先でRAW現像するという目的は達成できずじまいでした。

あと今回はなかったのですが、よくある失敗としてはパソコン用のSDカードリーダーを持ってきてしまうこと。私のスマホはiPhoneなのでLightning端子です。USB-Cのものは使用できないんですよね。なのにApple純正品はとてもよく似ているのです(笑)
SDカードリーダー

コメント

このブログの人気の投稿

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

SIGMA fp というシネマカメラの実力やいかに? Cinema DNG という連番RAW画像での4K記録が素晴らしいぞ