「いい写真」はどうすれば撮れるのか? ~プロが機材やテクニック以前に考えること | 中西祐介 (著)

写真本を読むことってありますか?

写真集ではなく写真本。

写真についての本。

今回紹介するのは、プロカメラマンの中西祐介さんによる写真本。

「いい写真」はどうすれば撮れるのか? ~プロが機材やテクニック以前に考えること


どう考える?

観察する

どう向き合う?

そして、どう撮るか?

そういった姿勢について、新鮮な気持ちでフムフムと読むもよし。嗚呼やっぱりこれで良かったんだと安堵するもよし。

副題として『プロが機材やテクニック以前に考えること』とはあるものの、作例とともにさらりと大事なテクニック(そう、ああいうことこそテクニックですよね!)などにも触れてあります。

読了とともに訪れる安らかな気持ちと新たな創作への意欲。

そして私はまた憂鬱な悪天候のおりにでも、書棚から取り出して本書をめくることでしょう。

今日の午前中に2冊読んだなかの1冊です。そのくらいのスピードで読み進むことができますので、お気軽にどうぞ。

「いい写真」はどうすれば撮れるのか? ~プロが機材やテクニック以前に考えること

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1

うわっ!ネットオークション・フリマアプリで中古レンズ買ったら届いたもの