スキップしてメイン コンテンツに移動

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art シグマの超広角レンズで撮影した風景写真

シグマより、開放F値1.8の明るい超広角レンズ「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」をお借りしました。

肉眼で見るよりも圧倒的に広く、光景をおさめることができます。
琵琶湖の朝

SIGMA 単焦点超広角レンズ Art 14mm F1.8 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応


今回お借りしたキヤノン用の他に ニコン用シグマ用もあります。

キヤノン用をお借りした理由としては私がキヤノンの一眼レフを使用していることに加えて、SIGMA マウントコンバーター MC-11 にてソニーEマウント機 α7R II でも撮影してみたかったからです。

この記事中の写真は(断りのあるもの以外は)まさにそうして SONY ILCE-7RM2 α7R II にて撮影したものです。
琵琶湖の朝

α7R II といえばソニーの高画素機として有名です。その4200万画素のセンサーで撮影しても、「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」はしっかりと解像するキレの良いレンズだと思いました。

14mmという超広角ですので、いつも見ている鴨川・四条大橋からの風景さえも新鮮に映ります。
鴨川

右手にある薄青いものは橋の脇についているキャットウォークです。これだけの超広角ですので、橋と直交する対岸とともに、一枚の写真におさめることができました。
琵琶湖疏水

京都・八坂神社にある門のひとつです。かなり寄っても全体を収めることができますから、通行人が横切る可能性も減りますね(笑)ただし超広角なりのパースは大きく出ます。
八坂神社

以下はフィルムカメラ EOS 1000S QD での撮影になります。大きな遊覧船の全体像を岸壁から撮影できました。
琵琶湖の客船
夜間、三脚を使用しての白黒フィルム長時間露光です。

最短撮影距離 27cm
最大撮影倍率 1:9.8
ということで、かなり被写体の近くまで寄って撮影することができます。また開放F値が1.8ですから、背景ボケの量もかなりのものですね。
花

前玉が丸く突出した、いわゆる出目金レンズなので扱いにくいか心配になりましたが、案外そうでもなかったです。もちろん借り物なのでぶつけないように気はつかいますし、付属のかぶせ式レンズキャップを頻繁にはめての撮影行でした。

最大径 × 長さ φ95.4㎜ × 126㎜
質量 1,120g

ということで大きさも重さもそれなりにある製品ですが、この画角と描写のキレの良さなら納得できますね。

YouTubeに動画レビューも公開しております。
このキレ味!シグマ超広角レンズ SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art 星景写真ならマストバイかも


SIGMA 単焦点超広角レンズ Art 14mm F1.8 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応


今回お借りしたキヤノン用の他に ニコン用シグマ用もあります。

コメント

このブログの人気の投稿

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1

昨年10月末にM型ライカのデジカメ Leica M10-P を購入しました。

ライカ Leica M10-P ブラッククローム ボディ


ライカといえば高嶺の花すぎて自分には関係ないと思い続けてきたのですけど、すーっと自然な流れで買うに至ったので、そういう運命だったのかもなと感じています。とはいえ金額的にはやはり清水の舞台から飛び降りる覚悟であったことは間違いない(笑)

以前の私と同じように、高額なブランド品で自分にはあまり縁がないと考えている方も多いでしょうから、いつか来るかもしれないその日のために、私自身が購入に至るまでをここに記しておこうと思います。

一番大きなきっかけは子育ての終了
ひとり息子の大学4年生 後期の学費を払い終えまして、肩の荷がおりました。
22年間がんばってきた自分へのご褒美として、本当の意味で自分のために何か買ってもいいのかなと。

まあ今後も何かとお金はかかるのかもしれませんけどね(笑)
いろんな人たちが「大人になってからが本当にお金かかるよ」とは口々に仰ってますし(汗)

ただ、このタイミングじゃないと
自分のための買い物というのはやはり難しいと思いましたし、日々身体の衰えも感じるようになっていますから、カメラやレンズは「いつかそのうち」ではなく動けるうちに、なおかつ表現に挑戦する気力があるうちにと常々思っております。

皆さんはライカにどんなイメージを持ってますか?
ネットでライカのカメラやレンズのレビュー記事を読んでもいまいちよくわからないんですよね。なんだかフワフワっとしたことしか書いてなかったり、オブラートに包んだような表現でまとめてあったり、なんならライカという哲学しか綴っていなかったりと…

高級ブランド品ですからね、大枚叩いて買ったことへの満足度とか、あるいは大金を使ったことに対して正当化したい気持ちが湧いているのかもしれない。だから曖昧なポエムみたいなレビュー記事が多いんではないかなあと思ってたんですよ。

でもそれはそれで否定する気もないんですよね。買ったことにも満足できるブランド品ていうのは大事だと思います。ただ私自身はカメラレビューを多々やっていることもあり、その辺をあやふやで済ますのはよろしくないなあと感じていました。

ライカストアに行ってみるべし
一昨年のことになりますが
祇園にありますライカストアの京都店にふらりと立ち寄って、…

肉眼で見たままの色で撮れること - Canon EOS R のホワイトバランス

今朝の琵琶湖の夜明けと傾いた細い月

Instagramではこちら

キヤノン EOS R にて撮影
レンズは RF24-105mm F4 L IS USM を使用

絞り優先オート、ホワイトバランスもオート
ファインダーを覗いた瞬間に「おっ?」と思いました。

デジカメで写真を撮るに際して、
肉眼で見たままの色で撮る/写るというひとつの方向性があります。

今朝の夜明けで「おっ?」と感じたのはそのこと。
おそらく人生初、オートホワイトバランスで「見たまんま」とほとんど違いのわからない色になっていたのです。

夜明けといえばホワイトバランスを追い込んで表現したい人には色々と忙しい時間帯でもあります。これがオートでこれほどまでにしっくり「いける」と感じたのは初めて。

もともとキヤノンのEOSに関しては夜明けの色味がきわめて自然で好きだったのですけど、それにしてもここまでしっくり来たのは初めてです。これが、EOS R だからという話ではありません。これまでも EOS R を使用して朝焼けなどを撮っていますが、今朝ほどしっくり来たことはありませんでした。

SONY α7R シリーズなんかで朝焼けに臨むと、わりとホワイトバランスをこねくりまわして表現していくような感じがありますけども、EOSシリーズは素直にシュッと行けちゃう傾向はあるような気がします。もちろん、どちらにも良さはあります。

ただ、今朝のようにサクッとオート設定で腑に落ちるしっくりさがあると、これからも早朝のお供はEOS Rを選んでしまうかなあと思いました。

Canon ミラーレス一眼 EOS R BODY


ズームレンズ RF24-105mm F4L IS USM

カメラあるある:そこで交尾しないでください

野外で写真を撮っているといろんなことが起きますよね
先日は、液晶画面になにか飛んできて乗っかりました


ゴミかと思って払おうとしたのですが、もぞもぞ動いているのでよく見てみると…
ああっ!


虫一匹だけならまだしも二匹
しかもこのような瞬間に立ち会ってしまうとは

これは追い払えない…


しばらくしたら風に吹き飛ばされていきました
無事に産卵できると良いですね( ^ω^ )