スキップしてメイン コンテンツに移動

Nikon D850 と廉価な超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」の組合せで野鳥撮影の作例写真

さて Nikon D850 前回記事では、標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR での写真作例をお見せしましたが、今回は廉価な超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」を試用しての作例をお見せしたいと思います。

※カメラボディ、レンズともにニコンよりお借りしたものを試用しております。

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR


Nikon デジタルカメラ D850


廉価な超望遠ズームレンズと言いましたが現在、実勢価格が13万円台くらいでしょうかね。発売された当初は、鳥撮りのおじいさんたちが一斉に色めきだった事もまだよく覚えております。ニコンの方からは他の超望遠ズームも薦められたのですが、そういった思い出から今回このズームをお借りしました。

ところが、そういった安価な製品だからなのか、飛ぶ鳥を撮影するためのレンズとし使うには、AF動作はやや遅いのではないかと感じてしまいました。現代の野鳥撮影においてはAF性能がとても重要な要素になるとは思います。

このレンズでは苦戦するかなと思ったのもつかの間、心配を払拭する下のような素晴らしい写真が撮れてしまいました。
ゆりかもめ

レンズの描写力、そしてD850の高画素センサー、画像処理エンジンがあいまって、JPEG撮って出しで手を加える余地がまったくないほどの画を手に入れることができました。
鴨川のカモメ

撮れる!
撮れますよこの組み合わせ!( ^ω^ )
とんび

ちなみに飛翔する野鳥の撮影において、私はなるべく中央のAFでとらえて外さないように撮影しています。撮影後にトリミングして構図をつくるという考え方でやることが多いですね。鳥撮りトリミングと呼んでおります。

以下の写真はまさに中央付近でとらえたもの。これだけ見るとボツ写真のようなものですが...
三条大橋

フォトショップなどできちんとトリミングしてやれば、こんなに面白い画になるのです。
鳥撮りトリミング

ここまで大胆にトリミングしてしまっても、有効画素数4575万画素をほこるNikon D850ですから、4665 × 3110 ピクセルの画素数を残しております。このトリミング耐性は素晴らしいと思いませんか?

以下はほかのレンズも含めてのD850レビュー動画です。お時間があればどうぞご覧くださいませ。
Nikon D850 大人気ニコン一眼レフと標準ズーム、超望遠ズーム、標準マイクロレンズで写真撮影してみた


Nikon デジタルカメラ D850


Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR


Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

コメント

このブログの人気の投稿

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1

昨年10月末にM型ライカのデジカメ Leica M10-P を購入しました。

ライカ Leica M10-P ブラッククローム ボディ


ライカといえば高嶺の花すぎて自分には関係ないと思い続けてきたのですけど、すーっと自然な流れで買うに至ったので、そういう運命だったのかもなと感じています。とはいえ金額的にはやはり清水の舞台から飛び降りる覚悟であったことは間違いない(笑)

以前の私と同じように、高額なブランド品で自分にはあまり縁がないと考えている方も多いでしょうから、いつか来るかもしれないその日のために、私自身が購入に至るまでをここに記しておこうと思います。

一番大きなきっかけは子育ての終了
ひとり息子の大学4年生 後期の学費を払い終えまして、肩の荷がおりました。
22年間がんばってきた自分へのご褒美として、本当の意味で自分のために何か買ってもいいのかなと。

まあ今後も何かとお金はかかるのかもしれませんけどね(笑)
いろんな人たちが「大人になってからが本当にお金かかるよ」とは口々に仰ってますし(汗)

ただ、このタイミングじゃないと
自分のための買い物というのはやはり難しいと思いましたし、日々身体の衰えも感じるようになっていますから、カメラやレンズは「いつかそのうち」ではなく動けるうちに、なおかつ表現に挑戦する気力があるうちにと常々思っております。

皆さんはライカにどんなイメージを持ってますか?
ネットでライカのカメラやレンズのレビュー記事を読んでもいまいちよくわからないんですよね。なんだかフワフワっとしたことしか書いてなかったり、オブラートに包んだような表現でまとめてあったり、なんならライカという哲学しか綴っていなかったりと…

高級ブランド品ですからね、大枚叩いて買ったことへの満足度とか、あるいは大金を使ったことに対して正当化したい気持ちが湧いているのかもしれない。だから曖昧なポエムみたいなレビュー記事が多いんではないかなあと思ってたんですよ。

でもそれはそれで否定する気もないんですよね。買ったことにも満足できるブランド品ていうのは大事だと思います。ただ私自身はカメラレビューを多々やっていることもあり、その辺をあやふやで済ますのはよろしくないなあと感じていました。

ライカストアに行ってみるべし
一昨年のことになりますが
祇園にありますライカストアの京都店にふらりと立ち寄って、…

肉眼で見たままの色で撮れること - Canon EOS R のホワイトバランス

今朝の琵琶湖の夜明けと傾いた細い月

Instagramではこちら

キヤノン EOS R にて撮影
レンズは RF24-105mm F4 L IS USM を使用

絞り優先オート、ホワイトバランスもオート
ファインダーを覗いた瞬間に「おっ?」と思いました。

デジカメで写真を撮るに際して、
肉眼で見たままの色で撮る/写るというひとつの方向性があります。

今朝の夜明けで「おっ?」と感じたのはそのこと。
おそらく人生初、オートホワイトバランスで「見たまんま」とほとんど違いのわからない色になっていたのです。

夜明けといえばホワイトバランスを追い込んで表現したい人には色々と忙しい時間帯でもあります。これがオートでこれほどまでにしっくり「いける」と感じたのは初めて。

もともとキヤノンのEOSに関しては夜明けの色味がきわめて自然で好きだったのですけど、それにしてもここまでしっくり来たのは初めてです。これが、EOS R だからという話ではありません。これまでも EOS R を使用して朝焼けなどを撮っていますが、今朝ほどしっくり来たことはありませんでした。

SONY α7R シリーズなんかで朝焼けに臨むと、わりとホワイトバランスをこねくりまわして表現していくような感じがありますけども、EOSシリーズは素直にシュッと行けちゃう傾向はあるような気がします。もちろん、どちらにも良さはあります。

ただ、今朝のようにサクッとオート設定で腑に落ちるしっくりさがあると、これからも早朝のお供はEOS Rを選んでしまうかなあと思いました。

Canon ミラーレス一眼 EOS R BODY


ズームレンズ RF24-105mm F4L IS USM

カメラあるある:そこで交尾しないでください

野外で写真を撮っているといろんなことが起きますよね
先日は、液晶画面になにか飛んできて乗っかりました


ゴミかと思って払おうとしたのですが、もぞもぞ動いているのでよく見てみると…
ああっ!


虫一匹だけならまだしも二匹
しかもこのような瞬間に立ち会ってしまうとは

これは追い払えない…


しばらくしたら風に吹き飛ばされていきました
無事に産卵できると良いですね( ^ω^ )