これはレンズ沼の入り口!ライカのレンズ中古プライスガイド 高いか?安いか?最新レンズ現行品・オールドレンズ

ライカデビューした友人に贈るブログ記事の第二弾です。このたび思い切って(勢い余って?)ライカM10を購入した友人を、深い深いレンズ沼の縁まで誘い込む呼び水となることを願いながら書きます。余談ですが前回の記事は「こちら

ライカのレンズが高価だということはカメラに興味を持ってる方のあいだでは常識かもしれません。しかし、おいくら万円なのか具体的にご存知の方というのは、実際にライカを使っているユーザーでないとあまりよく知らないかもしれません。
ライカ

また前回につづきマップカメラで「中古プライスガイド」という素晴らしい情報が掲載されております。各マウントごとに分類されておりまして、Lマウントというのは現在のパナソニック・シグマが参画するLマウントではなく、L39スクリューマウント(ねじ込み式マウント)のことです。


素晴らしい情報ですね。
これもまた前回にひきつづきマップカメラならではの情報量といえましょう。マップカメラが設定している中古品のグレード 新同品・美品・良品・並品 それぞれの価格目安が書かれた表となっております。惜しむらくはこの表、HTMLのテーブルで組んだ表ではなく一枚の画像になっているので、ウェブブラウザ内でのテキスト検索や、掲載内容のテキストコピーができない点。そしてもうひとつ、発売年代順に並んでいるわけでもなさそうなのでくれぐれもお間違いなきよう。あと、ページ最下部には以下のように書かれておりました。

価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。

そうです。
中古価格は変動します。
昔の文献などを読み漁っているとこのマップカメラの価格表より段違いに安い!いま価格高騰しているようですね。というより日本経済が停滞しているということでしょう。ほかの国々はちゃんと経済成長していますからね。近隣諸国のライカユーザーさんたちが日本にあるお宝を掘りに来ているという噂もあり、それも値上がりの要因となっているかもしれません。ライカの場合には単に実用品・趣味のアイテムというだけでなく、数量限定品については投機目的での購入もあるようで、購入時の数倍の値がついたという話もユーザーの方から聞いたことはあります。

そういえば先日、別の友人(SONYユーザー)とマップカメラ地下に行ったのですけど、意外にライカの中古レンズは安いと驚いておりました。安いといっても国産品と比較すれば高い部類ではないかと思うのですけどね。ただ、フルサイズミラーレス用のレンズというのは現在の戦略上どちらかといえば高性能のレンズ製品のほうに振っているように思われますので、そういった製品はやはりライカに負けず劣らずといった高価なものがいくつもありますよね。

ちなみにマップカメラの中古レンズ価格は、他店よりも比較的高めの価格だと仰る方がよくおります。でも、いろんなネット通販で買ってみてる私としては、現物を試さない注文でも安心して中古購入できるのは、マップカメラが筆頭かなと思っています。おおむねウェブページに記載のコメントで間違いがない感じです。きっと知識や目利きのしっかりしたスタッフの方がいらっしゃるのでしょうね、知らんけど。あと業者による整備を済ませてから販売しているものも多数あるので、数十年もののビンテージを購入する場合でもとても安心して買えます。ご参考まで

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1