間違いだらけのレンズ選び 座談会記事が濃い ─ 月刊カメラマン誌 2020年1月号

月刊カメラマン誌を購入いたしました。
なぜ購入したかというとツイッターですこし話題になっていた座談会記事があるんですよ。

カメラマン 2020年1月号 [雑誌]


それがこれ!
座談会・間違いだらけのレンズ選び 2019-2020


年末年始の必読書! 暴論の自由、放言の権利…謝罪の準備
『座談会・間違いだらけのレンズ選び 2019-2020』
・阿部秀之 ・赤城耕一 ・山田久美夫 ・豊田慶記
・曽根原 昇 ・落合憲弘 ・諏訪光二

まず座談会の参加メンバーが歯に絹着せない辛口トークで「嗚呼そうだよね」と相槌打ちまくりで読んでしまう。
わずかこの一年の話とは思えないほど記事ボリュームがある!しかも内容が濃すぎる。タクマーにまで触れる!? というかタクマーへの言及があるということで興味をもって買ってみたのですが、単にそこだけだと返り討ちにあいますよ(笑)国内大小メーカーほとんどについて言及していて、まだ私もぜんぶは読み切れておりません。興味のあるメーカーに関するページから先に読み進めております。

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1