ライカSL2 ようやくiPhoneアプリがアップデートされてWi-Fiでも画像転送できる日がやってきた

2019年暮れに発売となったライカSL2ですが、当初よりiPhoneアプリの動作が渋くて… Wi-Fi接続しても「No Photo」というアラートが出て写真を転送できなかったのですよ。
Leica SL2

サポートに連絡したらSDカード2枚挿はアカン、1枚だけなら読み込めるよとのこと。せっかくのデュアルカードスロットなのに1枚運用になっちゃうの?あるいは2枚のうち1枚を抜いてからWi-Fi接続しなきゃいけないのです。だったらその抜いたのをSDカードリーダーで読み込んじゃった方が速いわ〜!

という感じだったのですけど、
このたびアプリのアップデートにより解消されました。SDカード2枚挿でもちゃんと写真データを転送できるようになりました。

ただし!
新たなアラートが表示されている(笑)
alert

SDカード2枚目の画像は認識しない模様。
1枚目のSDカードからしか画像転送できない。つまり2枚とも同じ内容を保存しているワタクシは問題なくすべて閲覧・転送できるのだろうけど、RAWとJPEGでスプリット保存なんてしてたら全てをゲットすることはできないんでしょうなあ多分。どのみち高画素のカメラなのでWi-FiでいくつものRAWデータを転送するのはあまり現実味がなく、SDカードリーダー使うほうが圧倒的に楽ではあります。

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼