50mm単焦点レンズに頼りすぎない撮り方 ─ 新年の抱負 2020年

無人島に何持ってく?
という質問の変化形としてカメラ好き・写真好きの間でよく交わされるのが「一本だけ残して売るなら、どれ?」というもの。
bokeh

一本ってなあに?
棒や紐ではない。柔道でもない。
ここではもちろん交換レンズのことである。
所有するレンズのなかで一本だけ残して売るなら、どれを手元に残す?」ということだ。

僕は最近、50mmコレクターになってしまっていたので、当然この質問の答えとしても50mmレンズを挙げていた。50mmというのは標準レンズであるから、実に様々な製品が存在しており、それぞれに魅力があるものだから、どんどん生えてきてしまうのだ。それなりの本数の50mmレンズを所有していると、まるでフィルター効果でも変えるように、50mmから50mmへ、そしてまた別の50mmへとレンズ交換するのがあたりまえになってくる。

それがレンジファインダー用のレンズ=最短撮影距離が1mくらいのものだったりすると、どうも同じようなサイズ感のショットを量産してしまう。うーん、これではいかん。いかんことはないけど、いかん。



そういうわけでワタクシ
50mm単焦点レンズという馴れたものに頼りすぎずに写真を撮るぞ!という2020年の抱負をここに掲げる。ちなみに標準レンズに頼らないのではない、50mmという絶妙に広くも狭くも逃道のあるものに頼りすぎないという意味だ。45mmや55mmや56mmや58mmなどはむしろ積極的に頼ってみてもいい。知らんけど。



ちなみに一番上の写真を撮影したのは、二番目の写真に写っているソニーα7R IVとオールドレンズのSMCタクマー50mm F1.4の組み合わせ。二番目と三番目の写真自体はiPhone 11 Pro で撮影した。

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

SIGMA fp というシネマカメラの実力やいかに? Cinema DNG という連番RAW画像での4K記録が素晴らしいぞ