斜陽産業となったレンズ交換式カメラの全メーカーに言いたいこと

僕は猫舌だ。
熱い飲みものが苦手だ。
そのくせ珈琲を淹れるのは大好きだ。
冷凍庫から氷を3個ほどボチャっと入れることもあるよ。

そのとき跳ねた珈琲のしずくが手にかかり火傷!アチチチっと手を振り回したら、さらにしずくが靴下などにも飛び散って、上へ下への大騒ぎ。それが自分でもあまりにも可笑しくて、スラップスティックの渦中からSNSにシェアしてみようと撮影したのがこの写真
iPhone 写真

たいして良い写真ではない、特にその状況を語るような写真ではないけども、どうにも言葉だけで説明するには心もとないシチュエーションを想像するための一助ではある。SNSのつぶやきと共に存在して初めて意味を成すとも言える。または意味を成さないけども、事象のサムネとしてはたらく物とも言える。はやい話が「ないよりマシ」でもある。

使用したカメラは iPhone 11 Pro
理由は各自考えてみてほしいのだけど、でも考えるまでもないよね。

みんなの心が動いた瞬間、
そこにあったカメラは何だろう?
防湿庫まで取りに走らなくても、ポケットに入っていたもの。わざわざカバンを開けなくても、いま手に持っていたもの。

その瞬間の感動を損なうことなく、つまり難解なカメラ操作や思考の妨げになる要素の少ない写真撮影ができるのは?

撮って永遠に記録を保存したいほどではなく、この瞬間をちょっと「シェアしたい」些細なこと。
人生は特別なことばかりではないし、記録しておきたいことなど一生のうちのごくごくわずかな瞬間だ。カメラに何十万円も払ってまで備えておきたい人などどれほどいようか。そんな金があったら、結婚式のような明らかに記録すべきイベントでの「カメラマン費用」として使うほうが妥当だろう。

そうでない瞬間、特別ではない被写体、でも愛すべきそれ…を撮ってシェアするためのカメラ。そういったものが求められている。人生のほとんどはそういう欠片の組み合わせでできているのだ。

コメント

  1. カメラはSIMフリー + APPストアがほしいね。

    返信削除
  2. スマホのカメラ性能が相当よくなってきているので、利便性を考えたら十分ですね。
    でも、それでも「レンズ交換式カメラが好き」っていうジェットさんの愛情を感じました!

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

SIGMA fp というシネマカメラの実力やいかに? Cinema DNG という連番RAW画像での4K記録が素晴らしいぞ