ライカSL2はこう使う(こともできる)



先月末に発売されたライカSL2を入手して、暇を見つけてはあれこれと撮り歩いているのだけど、日本製ミラーレスのように扱えるものでもなく、ライカQ2のようなお気軽カメラでもなく、M型ライカとはまったくの別物で、なかなか苦戦している(のをとても楽しんでいる段階)。

せっかくのLマウントなのだからSL用のレンズを使うのも良いし、M型ライカではピント合わせが困難なMマウントレンズを使うという用途もあるだろう。個人的にはおもに後者のつもりで購入した。

今日は日中ずっと35mmと50mmのズミルックスで京都を撮影散歩。球面ズミルックス35mmの特長的なハロを豪快に出してイチョウ並木の黄葉を撮影できた。


さてこのようなハロを出すには絞りは開放でないといけない。ズミルックスであるから当然絞り開放F1.4だ。こんな明るい時間から太陽の方向に向けて開放なのだ。NDフィルターは付けていない。なにしろこのレンズはフィルターねじが切ってなく、S7というやや珍しいフィルターを採用なのでそうそう気軽に買えるNDフィルターがない。ライカSL2なら絞り優先AEのときにはメカシャッターからシームレスに電子シャッターへと移行する。1/12000という超高速なシャッター速度で撮影された写真だ。

レンズ開発責任者によれば、現行のMマウントライカレンズは開放でこそ最高性能を発揮するとのこと。であれば、前玉のまえに余計なガラスを着けず、開放からぶっ放せるライカSL2はMマウントユーザーにとっても最良の選択肢になるのではないだろうか。ただしこのカメラ、白飛びしやすいきらいがある(今回のオチ)。

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1