あなたの年末ボーナスを狙い撃ち! ライカ ズミルックス M f1.5/90mm ASPH. ことし最後の大物レンズ登場か?

ライカさんはどえらい物を年末になってぶち込んで来ましたね。皆さんのボーナスが危ういかもしれません。

ライカ ズミルックス M f1.5/90mm ASPH.


ライカMマウントレンズでは初の90mm F1.5というスペックでいいのかな?ことしF2のアポズミクロン90mmを購入した私としては苦笑いが止まりませんけど。プレスリリースによれば「明るいレンズではまず回避できない口径食や歪曲収差なども、実用レベルではまったく問題にならない程度にまで抑えています。」とのこと。

サイズ・価格ともに超ド級
税別150万円ほどで既にカメラ屋さんで予約開始されておりまっす。M10装着時のイメージは以下のとおり


最短撮影距離は1m、被写界深度のほうはノクティルックス50mm F0.95 の半分程度しかないというのだから、レンジファインダーでバチピン来る自信は皆無です(笑)あきらめてミラーレスで使うしか。

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1