歴史的カメラ 2019 その1オリンパス OM-D E-M1X

毎年この時期になると買ったもの・触ったものを振り返ったりするわけだが、ことしの歴史的カメラは見事にぜんぶ触ってたわ。記念にそれぞれの製品について簡単にコメントしておきたい。
JCII 日本カメラ財団が2019年の「歴史的カメラ」7機種を選定

まず1点目はマイクロフォーサーズのバケモノ
OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1X


オリンパス OM-D E-M1X


この発表会動画のあと、製品を借りてみたのだけど、そのときのレビュー動画は配信してないね。あまりにも辛辣なことを言いまくってお蔵入りしたようなうろ覚えの記憶(笑)

あまり絞り込まなくても背景がさほどボケないマイクロフォーサーズだから旅行にはうってつけなのだろうけど、E-M1Xというカメラ自体は巨大すぎだね(笑)
五重の塔

動体に対する強さ、特に飛び物に対しては本当にオリンパスは強い。


ただね、フラッグシップ機ですらも暗所撮影がこんな感じだと、やっぱりフルサイズミラーレスのほうに注目しちゃうかな。


個人的にはこれに投票するかどうかはちょっとビミョーなところだなあ。こいつ持ってスナップに出かけるかというと絶対ありえないわけだし、鳥撮りしない人にはあまり関係ない機材のような気がしてる。ということで次回「歴史的カメラ 2019 その2リコー GRⅢ」へとつづく

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

SIGMA fp というシネマカメラの実力やいかに? Cinema DNG という連番RAW画像での4K記録が素晴らしいぞ