ひねもす居間にいてもフォトジェニックな光はやってくる

SNSなんか眺めているとよく、写欲が湧く/湧かないとつぶやいているカメラオジサンがいるのだけど、機材を変えてみるとか場所を変えてみるとか、脳に刺激を与えると良いと思う。

かくいう私などはひねもす家にいて、居間にどっしり根を張っていても、写欲はまずまずある。リビングルームフォトグラファーと言ってもいい。居間でただ仕事して過ごすだけでも刻一刻と太陽が動いて、面白い光がどんどんやってくる。

このときは床に反射した真昼の太陽光が、まるでスポットライトのように天井の電灯を照らすという、なんだか逆転現象のようなことが起きていた。
リビングに挿す光

季節によっても光は変わる。とくに冬は太陽が低くて良い。
冬の朝

なにも室内ばかりにこだわる必要はない。
常に太陽の動きを感じていることで「お、そろそろかな?」と湖畔の風景を見に出かけることもしばしば。
琵琶湖Black&White

光がよければ自撮りも楽しいんだよね。風は吹いてなくてもどうにかなる(笑)

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼