カメラが壊れた(何もしてないのに壊れた)そして意外な方法で直った

先日、FUJIFILM X-E3 という小型軽量のミラーレス一眼カメラを導入し、かなり気に入って使い倒していた。が、なんと今日そのカメラが壊れてしまった。何もしてないのに壊れてしまった。買って間もないのに。中古だから仕方ないか。

しかし最終的には解決した。そのことについてメモっておく。
FUJIFILM X-E3 ミラーレス一眼

壊れたといっても物理的な破損ではなく、どちらかというとソフトウェア的な挙動の変化だ。故障と呼べるかどうかもわからない、ひょっとすると知らず知らずに設定が変わってしまった類のことかもしれない。とにかくある操作に対しての応答が変わってしまった、もっと正確に言えばある操作に付随して発生していた動作が起こらなくなった。だから「壊れた」と言っているのだ。「何もしてないのに」である。

なぜだろう?壊れてしまう直前になにかいつもと違う画面表示が出たのを覚えている。理由はハッキリわからないが、いつもよりボタンを長押ししてしまったような気がする。そのときの動作を思い出しながら何度も何度も元に戻るかどうか試みたが、手がかりすらも見つからなかった。

カメラのメニュー画面を掘り返して関連してそうな項目をすべて洗い直す。もし複数要素によって発生しているなら、検証すべき設定の組み合わせは膨大である。ひとつずつ気長にやってみたが正解にはたどりつけなかった。
デジタルカメラのメニュー画面

ふと思い立ってカメラ設定をリセットしてみた。それでも直らない。ちゃんとリセットできてないのではと、これまた何度も繰り返した。バッテリーを抜いて10数えてから再度電源を投入するというWi-Fiルーターのノウハウまで投入してみたが直らなかった。それどころかリセットにより事故当時の設定とは変わったことで、原因の究明がより困難になったようにすら思える。

バッテリーを外してもダメなら別のオプション品だろうか?
SDカード抜いたり挿したり別のSDカードと替えてみたり、壊れたときに装着していたフラッシュをもういちど付けてみる。電子接点のあるレンズ、ないレンズ、いろいろ試してみる。うーん、直らない。

それどころか状況はさらに悪化!
あちこちカメラをいじっている間に、いよいよ写真が撮れなくなった。シャッターボタンを押せども押せども反応しない。なぜだ???こりゃあ機械的にも壊れ始めたか?二年前に発売された製品だし中古購入だしなあ。返品できるかな?修理対応なのかなあ? さすがに写真が撮れない状態になり意気消沈、半ば諦めかけてはいたが、それでも最後の抵抗とばかりにメニュー画面をあちこち右往左往。そしてあることに気づく。

レンズなしレリーズOFFになっているではないか。これでは電子接点のないレンズでシャッターが切れるわけがない。カメラをリセットした際、出荷状態に戻ってしまっていたのだろう。レンズなしレリーズ ONに切り替えてちゃんとシャッターが切れることを確認。

これをやったことが良いきっかけになった。
ここまでは、設定変更によるソフトウェアの挙動不審だとばかり思いこんで、ひたすらメニュー画面を掘っていた。しかし症状の発端はハードウェアの「操作」の側にあるのではないかと考えてみたのだ。カメラってたくさんボタンやレバーが付いているのだから。

FUJIFILM X-E3

ほどなくしてフォーカスモードの切り替えスイッチが目にとまった。これまでMFに設定していたはずのそれが、AF−Sの方を指しているではないか。このスイッチをMFに切り替えてあっさり解決。じつにあっさりと解決した。数時間を要したにも関わらず、そのわりに「劇的に」ではなく実に「あっさり」と解決だった。疲れた…

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1