iPhoneまさかのLightning端子廃止の予想でカメラメーカー各社に生じたアプリ開発上のちょっとした課題



これは大変なことになりそう。次期iPhone、ライトニングケーブルを廃止か と報道されているのだ!どうせ USB Type−C に代わるだけなんだろ?と思いきやワイヤレス充電になるとの予想!‬

‪ええー?‬
‪Qiワイヤレス充電て便利だけどそんなに速くはないんだぜ?充電に時間かかっちゃうぜ?‬

‪などと言っている場合ではない、楽器関係ではLightningを介してのUSB−MIDIデバイスなんてのも数多くある。これらは全滅か?いやいや音楽関係ならまだ Bluetooth MIDI という遅延の少ない仕組みで代替できる可能性はある。‬

‪カメラは?‬
‪カメラはどうなるのだ?‬
‪落ち着け!カメラだって既に Bluetooth や Wi-Fi を使ってワイヤレス接続できているじゃないか?‬

‪と思うだろうが事態はかなり‬深刻かもしれない。ワイヤレスではRAWデータを転送できない製品・アプリが多々存在しているのだから。

うちにあるカメラ製品では富士フイルム X−E3 および ソニー α7R IV がそれに該当する。後者などは60メガピクセルだからJPEGでさえもワイヤレス転送に時間がかかる。ことし下半期に発売されたカメラですらそんなだよ。

幸いなことにキヤノン EOS R はワイヤレスでもRAWデータが飛ばせるようになった。ライカは以前からDNG採用で、iOSとも相性は悪くない(ただしアプリは繋がりにくいとの評判)。

筆者の場合、撮影がひと段落ついたそばから iPhone にSDカードリーダーを接続してデータを抜き取る。さらにはすぐさま Adobe Lightroom CC に読み込んでしまう。それによりクラウドへのバックアップが済んでしまう。もちろん選別や現像作業もiPhoneなら楽々と可能だ。

さらにさらに最近 SDカードリーダーから直接 Adobe Lightroom CC へとデジカメ画像の読み込みが可能になったのだ!が、肝心のカードリーダーを接続できなくては宝の持ち腐れである。一体どうなるのやら?

次世代通信規格 5G はすこぶる速いとのこと。Lightning 端子でパソコンにデータをバックアップするなんてのは完全に過去のことになるやもしれない。iCloud へのお布施も増えて Apple としては一石二鳥かもしれない。いやきっとそうだ、物理的に有線接続できないとなればクラウドしか頼みの綱がないのだから。

かく云う私も有線でパソコンに接続してのバックアップなど今となっては面倒でほとんどやっていない。最近だとこの秋 iPhoneを機種変更した際のデータ移行だ。もっともこれはバックアップというより最も速いデータ移行方法がバックアップからの復元というだけだ。それに写真や動画をパソコンで扱うなら AirDrop で送ってしまう。本当に有線接続は必要なくなりつつあるのかもしれない。

Apple によるデジタルデバイスの革新はいつもほんの少しだけ痛みを伴うが、振り返れば基本的に「やってよかった」しかない。ほとんど無血革命と呼んでいいレベルだ。だから Lightning やめるというならそれはそれでいい、いいけども、今回ばかりは本当に影響が大きいので事前に各所に根回ししておいてほしい。そしてカメラメーカー各社は一刻もはやくワイヤレスでのRAWデータ転送に取り組んでほしい。

あと今年発売されたフルサイズミラーレスカメラでは恐らく唯一(?)SIGMA fp にはそもそものワイヤレス接続機能がなかったので、そこからよろしくお願いいたします。お後がよろしいようで


キャプション:冒頭の写真は先ほど富士フイルムのカメラで撮影したばかりのもの。ファミレスで現像しようと思ったのだが、RAW転送に対応しておらず、仕方なくJPEGを「写真」アプリで編集した。

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1

コンデジ代わりの旅が終わる 富士フイルム X-E3 というAPS-Cミラーレス一眼