SMCタクマー50mm F1.4 の逆光耐性だってヒドいもんじゃないか!もちろん良い意味で

意図していないものが写真に写るのはあまり好ましくないことだけど、逆光のとき美しいハロが出るのだけは別。どれだけ対策されたレンズでも出るものは出る。だったら変に誤魔化してしまうより、綺麗に出てくれるレンズの方がありがたい場合がある。建築写真や夜景やVR撮影をされている方はとても困るだろうけども、スナップしてる限りでは美しくハロが出現してくれた方が印象的に撮れることが多いと思う。

スーパータクマー 55mm F1.8 はその点で定評あるレンズだそうで、本当に買って良かったと思う。中古価格が数千円と非常に安いのも魅力。
美しすぎる安レンズ Super Takumar 55mm F1.8 ほんの数千円で買えるスーパータクマー


さてタクマーにはそれと近い焦点距離で50mm F1.4というのもあるのだけど、こちらも興味がわいて購入してみた。55mmよりも少し高めの一万円強だった。

Pentax M42 SMC Takumar 50mm F1.4





スーパータクマーの50mm F1.4も存在しているらしいが、たまたま見つけたのがSMCタクマーという名前のものだったのでそれを購入。SMCとはスーパーマルチコーテッドの略らしい。マルチコーティングされているなら逆光耐性も良くなって、55mmのような魅惑のハロは見られないのでは?事実ネット上に散見される意見では、55mmのハロの方が良いとの評判が多いように感じられた。

ところがいざ夕陽に向けて撮影してみれば、それは杞憂だっだ。SMCタクマー 50mm F1.4 でも素敵なレンズフレアがパーッと展開するじゃないの!(もちろんフードは付けてないよ)


まあ比べてみれば違うのかもしれないけどさ(笑)

明るいレンズだから大きいというわけでもなく、55mmと同じくフィルター径は49mm、ほどよく黄変したガラスと少しクセのある周辺画質・ボケ味で、ファインダーを覗けばノスタルジアが広がっている。これはまた良い買物をしてしまった!

コメント

このブログの人気の投稿

価格の高いカメラやレンズだけが良い写りをするとは限らない ─ 七工匠 7Artisans 35mm F1.2 単焦点レンズをX−E3に装着でフルサイズキラーのコンパクトミラーレスが誕生

はじめてのM型ライカ購入記 Leica M10-P を思い切って買うまで PART1

うわっ!ネットオークション・フリマアプリで中古レンズ買ったら届いたもの